SNSで最新の記事を受け取る

アンジャ児嶋一哉、記憶がすり替わるエピソードに…ファンも「怖すぎる」とドン引き

スポンサーリンク
お笑い芸人

(*画像はイメージです)

21日にお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが、自身のYouTubeを更新。

児嶋さんが動画内で、「自分の記憶が信用できなくなった」と過去のYouTubeで大嘘をついていたことを明かし、話題になりました。

児嶋さんは、どんな嘘をついていたのでしょうか。

【関連】アンジャ・児嶋一哉、渡部建を10年間も騙していた!衝撃の告白にファンも「これは酷い」

スポンサーリンク

児嶋一哉、「自分の記憶が信じられなくなった」と記憶がすり替わった過去を暴露しファンもドン引き

21日にお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが、自身のYouTubeを更新。

児嶋さんはお笑い芸人以外にも、俳優やプロ雀士としての分野でも活躍されています。

そんな児嶋さんが、今回「【謝罪】皆さん、すみませんでした。。。」という動画を投稿。

児嶋さんは、20日に投稿した「プロ雀士児嶋が今まで経験したヤバイ麻雀の話5選」で、話したエピソードに誤りがあったとのことについて、謝罪。

「THEわれめDEポン」という番組で、俳優の風間杜夫さんがツモ上がりした際に、強打した牌が飛んでってしまい、牌が無くなってしまいました。

児嶋さん含めて牌を探しにいったエピソードを話すも、なんと児嶋さんはその番組に出演していなかったという衝撃の告白をします。

児嶋さんは、「テレビで『われポン』を見てて、なんて面白いことあるんだって記憶はあって、『われポン』も何度も出させてもらってることもあるから、その場に僕もいたって記憶にすり替わってた」と、誤った情報を伝えてしまった経緯を語りました。

この事実が起こったことに対し、「怖い自分の記憶が。こんなことあるんだなと思って。自分の記憶が信用できなくない」と、自分の記憶がすり替わっていることに怖れている様子。

この動画を見たファンからは、

「怖すぎる天然エピソード笑」

「この程度で思いつめてたら、ストレスになると思うよ笑」

「児嶋さんはこんなにちゃんとしてるのに、アイツは謝んねえのかよ笑」

と、記憶がすり替わったことへの謝罪に様々なコメントが、寄せられました。

 

スポンサーリンク

児嶋一哉の麻雀の強さとは?プロ麻雀の資格があり、過去の麻雀番組では優勝も多数

麻雀をおこなった時のエピソードで、記憶違いがあったことに対し、児嶋一哉さんは謝罪しました。

そんな児嶋さんの麻雀の強さは、どれほどなのでしょうか。

児嶋さんは日本プロ麻雀協会からプロ麻雀の資格が与えられており、自身で麻雀サイト「こじまーじゃん」を開設しています。

麻雀への熱量がすごく、麻雀で負けた際はプロから指導してもらう程真剣に取り組んでいるとのこと。

「THEわれめDEポン」(フジテレビ系列)に過去に19回出演し、8回ほど優勝するといった実力の持ち主。

このようなエピソードからも、児嶋さんが麻雀好きで、かなりのレベルの高さをほこっていることが伺えます。

YouTubeでの過去の麻雀トークを話した際に、間違いが明らかになった児嶋さん。

記憶はどうしても曖昧になってしまうことも多いですが、児嶋さんが逐一謝罪するところに、人柄の良さがにじみ出ているように思われます。

(文:M.K)