当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

フジ・伊藤利尋アナ、生涯局アナ宣言をし視聴者爆笑「絶好調すぎ」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事

28日に放送された「バイキングMORE」(フジテレビ系列)。

伊藤利尋アナウンサーがベテランアナならではの秀逸な切り返しを行いました。

スポンサーリンク

フジ・伊藤アナ、今春退職アナを横目に生涯局アナを宣言して視聴者爆笑

28日に放送された「バイキングMORE」(フジテレビ系列)。

伊藤利尋アナウンサーが出演し、ニュース進行を務めました。

番組冒頭で、今春に退職してテレビ局以外に転職するアナウンサーたちを読み上げた伊藤アナ。

富川アナの退職について、番組MCの坂上忍さんから伊藤アナへ「辞めるタイミングを逃した」とツッコまれると、伊藤アナは「私は長期雇用、安定継続収入に勝るものはないと思っている」と辞める予定がないと即座に切り返します。

アナウンサーというと、フリーになり多方面に渡り活躍する人材が多いとはいえ、そういった予定がないことをサラッと言ったことから

《伊藤アナ絶好調すぎてめっちゃおもろい》

《バイキングは嫌いだけど伊藤アナはすげー好き》

《男性アナは余程でないと安定のほうが堅いよね…家族をもてば尚更》

など、その淡々とした姿勢に唸った視聴者からの書き込みが寄せられました。

スポンサーリンク

フジ・伊藤アナ、キレッキレのトークで安定の人気

伊藤アナのように局アナでい続けることを選択したことについて、坂上さんからは「それはそれで生き方」とフォローされた伊藤アナ。

安定収入を何よりも重んじていることを明かしますが、その一方で最後に伝えるニュースの存在を失念どころか把握すらしていない様子で、ベテランアナも同業者の新たな門出に気持ちが揺らいでいることが露呈しました。

しかし、すぐに頭を切り替えたのか、退社するアナウンサーの中に、同局の久慈暁子アナウンサーの名前がなく、それについて指摘されるも「(久慈アナの退社後の身の振り方は)全然知りません。接点あんまりないんで。嫌われてるのかな」と、淡々と自虐コメントに徹し、つけいる隙を与えません。

伊藤アナは過去にテレビで「フリーの誘いはあった」と語ったこともあるほど、仕切りや高いアナウンス技術は業界トップレベル。

そんな伊藤アナですが、2月22日の猫の日では、坂上さんとニャンニャン語で会話をくり広げたかと思えば、坂上さんが「僕もフジにいるときはフジッ子ですけど、日テレ行ったら日テレっ子」と話すと、「ずっとフジッ子だから。(そういった気持ちは)分からない」と明かした次の瞬間、「フジッ子に満足しているかは別」とまさかの爆弾&問題発言。

共演者をザワつかせ、他意はなかったとして頭を下げるも、そのようなキレのあるトークをひっくるめてファンの多い伊藤アナ。

同番組は3月いっぱいで終了となりますが、MCの邪魔をせずに存在感を示すことができる能力の高さを、他の番組でもまだまだ拝見したいですね。

(文:Quick Timez編集部)