当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ルシファー吉岡「自分の性癖は至ってノーマル」下ネタ作りへのこだわりを語る

スポンサーリンク
お笑い芸人

10月14日〜17日の期間で開催される内村光良さんのコントライブ「内村文化祭’21 満面」に出演するピン芸人のルシファー吉岡さん。

多方面で活躍をするルシファーさんに、お笑いに対する思いやネタ作りへのこだわりなどのお話をインタビューさせて頂きました。

前編と後編に分かれており、本記事ではインタビューの前編をお送りします。

スポンサーリンク

ルシファー吉岡「自分の性癖は至ってノーマル」下ネタ作りへのこだわりを語る

ーー芸人さんを目指されたのは、幼い頃から?

高校2年生の時です。

文化祭での後夜祭で、みんなの前でちょっとしたネタを披露して、ウケたのがきっかけで。

お笑い芸人やりたいなって初めてその時思いましたね。

大学には進学して埼玉に出てくるんですけど、その段階ではもうやろうって決めてましたかね。

ーーピン芸人でやっていこうと昔から思っていたんですか?

いや、あのーダウンタウンさんに憧れていたので、コンビで。

言いづらいところをありますけど(笑)。

ダウンタウンさんもウンナンさんも大好きでずっと観ていたんですけど、やっぱりダウンタウンさんみて芸人になりたいなって思ったんで。

幼なじみで漫才をやるっていうのは、やっぱりその、当時お笑いやりたい人の共通認識というか。

それがお笑いだと思っていましたね。幼なじみと漫才やりたいっていうのは。

ーー高校生の頃にやった文化祭の時はコンビで?

はい、2人で、友達とそのままやってました。

それこそ、そのままダウンタウンさんの漫才をそのままやっていたりとか、ジャリズムさん、世界のナベアツさんのコンビのネタを自分なりにアレンジして。

そういう感じですね、だから最初は真似みたいなところからでした。

ーーやはり自分の中でどうしても諦められないものがあったからですか?

そうですね。なんだろうな…、社会人になって毎日同じことの繰り返しじゃないですか?

会社近くの寮に住んでたんですけど、朝起きて会社行って、昼までで働いて、昼休みがあって、また昼から働いて残業があったら残業して…そうじゃない時は定時に帰って寝て、また起きる。

ということの毎日の繰り返しで、だんだん腹が立ってきたんですよね「また昼休み来たぞおい」みたいな。

これはシンプルに向いてないなっていうのもあったんですけど。

働いている時に、バカリズムさんとか劇団ひとりさんなどを観て「1人でもこんなに面白いネタをする人がいるんだな」って思って。

じゃ、僕もやってみようって気持ちになった。そのダブルパンチですかね。

あ、あとミスチルの曲を聞いたのもありました。(笑)トリプルパンチかもしれないですね。

当時、綾瀬はるかさんがお風呂に浸かっていたCMで流れていた未来という曲で。

あれ聴いたっていうのも大きいかもしれないですね。

ーー歌詞に感化されて?

まぁ、それは最後の一押しですけどね(笑)。

あれきっかけではないですけど、やっぱ、悩んでいた心に突き刺さったっていうのがあったのかもしれないですね。

ーールシファーさんといえば下ネタのイメージが強いと思いますが、なぜ取り入れようと思い始めたのでしょうか?

自分が面白いと思ったことをやったらそうだったっていうだけですね。

ーーネタ作りの時に気をつけていることはどういう部分でしょうか?

下ネタは好きなんですけど、ただ単純にスケベというわけではなくて、なんかそのバカバカしいことが好きなんですよね。

男がブラの紐が見えて一喜一憂してるのって、普通に考えればバカじゃないですか?

「あれキャミソールか?」みたいな。

そこに真剣になれるところが好きだし、バカバカしくて面白いなって思えるので、そこに尽きると思います。

だから本当にグロいとか、そういうのは全然、やらないですし…。

男のバカさが詰まっているから好きなのかな?っていう感じです。

ただ、こんなこと言っていいのかわかりませんけど、僕自身の性癖は至ってノーマルなんですよ。

芸人さんってよくいうじゃないですか?常識を知っているからこそ非常識なボケができる。

常識を知らないとボケれないじゃないですか?ここの振り幅が面白いわけで、常識ある方が多いっていうのはそういうことだと思うんですけど。

僕もそれ全く一緒で、すごくノーマルなんですよ。

だからこそ、その変態なことも面白いと思えるからネタにできる。

僕自身が変態だと普通だから面白いと思わない。

「いやいや、普通ムチでブツっしょ」みたいな感覚だったらネタに出来ないですけど…何かファンタジーとして楽しめるようにとは思っていますね、ネタ作りは。

あくまでエロいことをしても、ファンタジー感というかバカさを残しつつ、そんなやついないっしょって言ってちゃんと笑えるように気をつけてますね。

ルシファー吉岡プロフィール

名前:ルシファー吉岡

本名:吉岡大輔

生年月日:1979年10月13日

血液型:O型

出身地:島根県

学歴:東京電機大学大学院修了

趣味:読書(マンガとミステリー小説)、eスポーツ観戦(ストリートファイター5)

特技:一発ギャグ

ピン芸人No.1を決める「R-1ぐらんぷり」には、2016年より5年連続で決勝進出を果たし、第5回「お笑いハーベスト大賞」では優勝、オードリーのANN「L-1ぐらんぷり」でも優勝を果たすなど、数多くの実績を残す。

お笑いの仕事のみならず、「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系列)ではナレーションを担当しているほか、「R-1ぐらんぷり 2019」決勝の舞台で披露したネタが漫画「女子高生はおはようって言う」の原作となるなど、様々な活動を見せる。

スポンサーリンク

「内村文化祭’21 満面」の詳細

ルシファー吉岡さんも出演をするという「内村文化祭’21 満面」。

同ライブは、マセキ芸能社の先輩にあたるウッチャンナンチャンの内村光良さんが、 「ただ、今やりたいことのオンパレード」を実現するライブです。

「1年間、自分が経験したもの、体験したものを出す」場として、 2017年より過去4回にわたって行ってきました。

定番となる演目は、 オープニングとエンディングを飾る歌や、 内村ダンサーズと共に踊るダンス、 内村さん1人での実録コント(漫談)、ゲストを交えたコント(劇)などです。

今年57歳となった内村さんがやりたいことを純粋に追求し、 「とにかくお客さん、ついてきて下さい!」と、全力で演目に取り組む姿を“生”で楽しめる唯一無二のライブです。

タイトル:「内村文化祭 ’21 満面」

出演者:内村光良、松本妃代 (ソニー・ミュージック・アーティスツ)、勢登健雄、ジグザグジギー 、ルシファー吉岡、しゃもじ、内村ダンサーズ

日時:2021年10月14日(木)〜17日(日)

10月14日(木)
18:00開場/19:00開演

10月15日(金)
18:00開場/19:00開演

10月16日(土)
13:00開場/14:00開演
17:00開場/18:00開演

10月17日(日)
13:00開場/14:00開演

料金:¥7,500(税込・全席指定席) ※未就学児童入場不可 ※車椅子でお越しのお客様は、事前に問い合わせ先までご連絡ください。

会場:日本青年館ホール

住所:〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-1

チケット:マセキライブサークルチケットぴあイープラスローチケ

(文・取材:YUICHI IGARASHI)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)