当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

我が家・坪倉、ローテーション漫才の誕生秘話を吐露「元巨人・川相昌弘選手からヒントを得た」

スポンサーリンク
インタビュー

お笑いトリオ・我が家のリーダーであり、近年では俳優としても輝きを放ち始めた坪倉由幸さん。

今月19日から上演される舞台、「物理学者たち」(東京・本多劇場)にも出演をしており、ますます俳優業にも力を注いでいます。

お笑いと俳優業、二足のわらじを履いて歩みを進める坪倉さんに、それぞれの職業に対するエピソードや思いについて語っていただきました。

スポンサーリンク

我が家・坪倉、ローテーション漫才は「元巨人・川相昌弘選手のバントからヒントを得た」

ライター:始めに芸人としての坪倉さんについてお話を伺います。もともと俳優を目指して芸能界を目指したと聞きますが、実はそうではなく漠然とテレビ業界に憧れを抱いていただけだけだったとか?

坪倉さん:そうです。中学、高校ぐらいの頃に何となくテレビ出てみたい気持ちがありました。特に何かやりたいことがあった訳ではなくて、ただ周りからチヤホヤされたいなって(笑)。

ライター:芸能界へデビューしたのは職業でいうと芸人としてでしたが、なぜ芸人の道を選ばれたのでしょうか?

坪倉さん:当時は今ほど放送されていませんでしたが、お笑いのネタ番組を観ていて面白いなとは思っていました。番組を観ていたら、何となくお笑いの構造がわかる気がして「できるかも!」って気持ちがどこかにあったと思います。そこから真似事でオリジナルのネタを書いてみたら、手応えを感じました。「これはいけるかもしれない」と、きっかけはそこからですね。

ライター:相方のお2人と出会ったのは養成所でしたよね?

坪倉さん:そうです。最初は谷田部と杉山が2人でコンビ組んでいました。ネプチューンさんやダチョウ倶楽部さんといった先輩方がいらっしゃいましたが、当時はトリオで芸人をやっている人達があまりいなかったから、僕の中でもその発想にたどりつきませんでしたね。だからコンビを組むために、谷田部から杉山を取ろうとして、杉山と2人のネタを書いたりしていましたよ。でも谷田部がしぶとくついてきていたので(笑)。

ライター:こうして『我が家』が結成されたわけですね!ネタの代名詞にもなっている“ローテーション漫才”はどのようにして生まれたのでしょうか?

坪倉さん:「どうにかして3人でできる新しい何かを作りたいな」と考えていたある日、プロ野球の巨人戦を観ていた時のことです。その試合は元巨人の川相昌弘選手がバントを1つ決めたら世界新記録が樹立する重要な試合でした。その時、もし川相選手に彼女がいたらどうだろう?と仮定しながら観ていて「今日の試合で送りバント成功したら結婚してくれ!」という軽いボケのようなフレーズが頭に浮かんで、そこからプロポーズのボケをいろいろ考えだして行き着いたのが「今日からオレのバットは…」という下ネタです。川相選手には申し訳ありませんが(笑)。

ライター:『我が家』が結成されて僅か2年でM-1グランプリの準決勝まで進出されました。かなりのスピード出世だと思いますが、周りからの反響だったり心境の変化などはありましたか?

坪倉さん:M-1の準決勝もこのローテーションネタで勝負しました。「センターマイクに向かってしゃべりながらやろうか」って3人で話し合ってやってみると、お客さん達は物珍しさもあったのか予想以上に面白がってくれていましたね。準決勝の審査員の方々にも、目に留めていただけたみたいで、この後からネタ番組のオーディションへ参加する機会が増えたような気がします。

目標の俳優は「東京03」の角田晃広 息の長いバイプレイヤーになれたら…

ライター:次に俳優の坪倉さんについてお伺いします。俳優をやろうと思った経緯を教えてください。

坪倉さん:最初にお話ししたように、テレビに出たい願望が強かったのと、「台本を覚えればお芝居はできるだろう」と思っていたぐらいでした。でも、いざやってみると本当に難しくて。最初にドラマ出演させていただいた際に、演技をするためのプラン立てを考えずにやっていたから、何もできなかったです。でも、何もできない自分に悔しいと感じる気持ちがあったから、愚直にやり続けてこれたと思います。

ライター:もともと負けず嫌いな性格だったからですか?

坪倉さん:というより、失敗したくないだけです。エエカッコシイなのかもしれませんが、ドラマや舞台に立っている自分のことを褒められるとうれしいですし、楽しいと思えてくるので。

ライター:俳優業をしている時の取り組み方で意識していることはありますか?

坪倉さん:稽古中は限られた時間の中で取り組まなければなりません。僕はセリフを100%まで入れ込んでおかないと自由に動くことができません。完璧にすることで、監督さんや演出の方からのアドバイスに対しても、臨機応変な動きができるようになりますから、そこは意識をしています。

ライター:舞台「カメレオンズ・リップ」で共演された生駒里奈さんは、ご自身のYouTubeで坪倉さんの演技を絶賛されていました。自分を客観的に見て、俳優として成長を感じた部分はありましたか?

坪倉さん:7年前に『十二夜』という舞台に出演させていただきましたが、その再演で去年も同じ舞台に出演させていただきました。同じ作品だったから実感できたと思いますが、前と違うアプローチもできるようになっていたし、きちんと演じた役が成り立っていると思うことはできました。一度経験していたからこそイメージがつきやすかったし、役の幅を広げやすかったです。次は一発目の舞台で成長がわかるように頑張ります(笑)!

ライター:俳優業として今思い描いている将来像があれば教えてください。

坪倉さん:いつか主役もやってみたいと思っていますが、主役を立たせる影の立役者、いわゆるバイプレイヤーとして息の長い役者になれたらいいですね。光石研さんや遠藤憲一さんのような…。言い過ぎました。同じ芸人だと『東京03』の角田晃広さんみたいになりたいです。

▼プロフィール

名前:坪倉由幸(つぼくら・よしゆき)

所属:我が家

生年月日:1977年9月9日生まれ(43歳)

出身:神奈川県

血液型:A型

趣味:酒、サッカー観戦、ギター、自撮り

特技:ものまね、サッカー、水泳、書道

お笑いトリオ・我が家のリーダー。キングオブコント2008、2010、2011年では準決勝に進出。M-1グランプリでも2005〜2010年まで6年連続準決勝進出を果たす。2011年にはTHE MANZAI認定漫才師となり、お笑い芸人としてキャリアを築き上げる中、俳優としても活動をスタート。

「下町ロケット」(TBS系列)、「アンナチュラル」(TBS系列)、「あなたの番です」(日本テレビ)などの大ヒットドラマに出演をしたほか、「十二夜」、「カメレオンズ・リップ」、「OUT OF ORDER〜偉人伝心〜」などの舞台にも出演をし、活動の幅を広げている。

スポンサーリンク

舞台「物理学者たち」詳細

坪倉さんも出演をする舞台「物理学者たち」。

物語の舞台は、サナトリウム「桜の園」の精神病棟。

そこに入所している3人の患者、自分をアインシュタインだと名乗る男(中山祐一朗さん)、自分をニュートンだと名乗る男(温水洋一さん)、そして「ソロモン王が自分のところに現れた」と言って15年間サナトリウムで暮らすメービウスと名乗る男(入江雅人さん)。

この3人は「物理学者」でした。

そのサナトリウムである日、看護婦が絞殺されます。

犯人は通称“アインシュタイン”を名乗る患者であり、同院の院長は放射性物質が彼らの脳を変質させた結果、常軌を逸した行動を起こさせたのではないかと疑います。

しかし、さらなる殺人事件が起き、事態は思わぬ方向へ動くのでした…。

上演台本・演出:ノゾエ征爾

キャスト:

草刈民代…院長(ミス・マティルデ・フォン・ツァーント博士)

温水洋一…通称ニュートン(ヘルベルト・ゲオルク・ボイトラー)

入江雅人…(ヨーハン・ヴィルヘルム・メービウス)

中山祐一朗…通称アインシュタイン(エルンスト・ハインリヒ・エルネスティ)

坪倉由幸(我が家)…警部(リヒャルト・フォス)

吉本菜穂子…看護婦長(マルタ・ボル)

瀬戸さおり…看護婦(モーニカ・シュテットラー)

川上友里…宣教師夫人(リーナ・ローゼ)

竹口龍茶…看護師(マッカーサー)/リーナの息子(アードルフ)/警察官 (ブロッハー)

花戸祐介…看護師(ムリリョ)/リーナの息子(ルーカス)/警察官 (グール)

鈴木真之介…看護師長(ウーヴェ・ジーヴァース)/リーナの息子(カスパー)/(法医学者)

ノゾエ征爾…宣教師(オスカー・ローゼ)

■公演スケジュール

公演:全11ステージ

9/19(日) 18:00 プレビュー

9/20(月・祝) 15:00

9/21(火) 14:00★/19:00

9/22(水) 14:00★

9/23(木・祝) 14:00/18:00★

9/24(金) 19:00

9/25(土) 14:00/18:00

9/26(日) 14:00

★アフタートークあり

受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

<『物理学者たち』アフタートーク>

◎9月21日(火)14:00公演 終演後

ノゾエ征爾、渡辺ミキ

ゲスト:稲葉賀恵(文学座)

進行:綿貫凜

◎9月22日(水)14:00公演 終演後

温水洋一、中山祐一朗、坪倉由幸(我が家)

進行:綿貫凜

◎9月23日(木・祝)18:00公演 終演後

草刈民代、吉本菜穂子、瀬戸さおり

進行:綿貫凜

■チケット

一般発売

料金:一般 7,800円(全席指定・税込)

プレビュー 6,000円(全席指定・税込) <19(日)18:00公演>

U20(20歳以下・平日限定) 4,000円

※公演中止・開演時間変更の場合を除き、チケットの払い戻しは致しません。

■チケット取り扱い

チケットぴあ Pコード:506-759

ネット予約:https://w.pia.jp/t/physicists/

電話予約:0570-02-9999

店頭販売:セブン-イレブン

・ローソンチケット Lコード:34727

ネット予約:https://l-tike.com/physicists/

店頭販売 ローソン、ミニストップ店内Loppi

・イープラス

ネット予約:https://eplus.jp/physicists/

店頭販売:ファミリーマート店内 Famiポート

・カンフェティ

ネット予約:https://www.confetti-web.com/physicists/

電話予約:0120-240-540(オペレーター対応・平日10:00~18:00)

■公式サイト

ワタナベエンターテインメント Diverse Theater『物理学者たち』
ワタナベエンターテインメント Diverse Theater『物理学者たち』オフィシャルサイト。2021年9月本多劇場にて上演。出演:草刈民代、温水洋一、入江雅人、中山祐一朗、坪倉由幸ほか。

(文・取材:YUICHI IGARASHI)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)