当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

オテンキ・GO「諦めたくない」コンビとして再スタートした将来像を語る

スポンサーリンク
お笑い芸人

10月1日に開催される浅井企画主催の若手お笑いライブ「55NEXT」。

同ライブに出演をするオテンキのGOさんとのりさんのお2人に、メンバー脱退後の心境やお笑いを始めたきっかけについてインタビューをし、お話を伺って参りました。

スポンサーリンク

オテンキ・GO「諦めたくない」コンビとして再スタートした将来像を語る

ーーお笑いを目指したきっかけについて教えて下さい。

のりさん:元々、お父さんが厳しい感じの怖いお父さんだったんですね。

笑った顔を見たことがないくらいの勢いだったんですけど、ビートたけしさんの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」だったり、そういうのを見た時にゲラゲラ笑っている姿を見て、「すげー笑っている」と…。

「なんだこの人は!」と思ってたら、それがビートたけしさんで…。

いろいろ調べて行くと、芸人さんということが分かって、世の中には、芸人さんなんていう仕事があるんだなって感じてから、お笑いってすごいななんて思い始めて…。

小学校2・3年生くらいの時に、お笑いというものを意識し始めて、中学校卒業したらすぐお笑いの道に行きたいなって思ってたんですけど、柔道もやっておりまして、高校とかから推薦がくるくらい成績を残してまして…。

柔道界が放っておかないってことで、なかなかお笑いの方にはいけなかったんですけど、その感じで大学まで柔道やってしまったんですよ。

終わって晴れて、お笑い芸人になれるっていう感じで、お笑いの道に進みましたね〜。

大学くらいまで柔道やると、上には上がいるって分かるんですよね。

今まで、高校も大学も寮生活で好きなことができないというか、抑圧されている生活だったので、どこかでボーンとそれが晴れちゃったのかもしれませんね。

GOさん:自分は大学がのりと一緒なんですけど、柔道に熱を入れるより、先輩に気に入られるために笑いに走ってましたね(笑)。

先輩に気に入られるとか、目をつけられないように笑いで交わしてましたね。

のりさん:そうすると、怖い先輩からも人気が出てきて…。世あたりの術はそこで学んだ気がしますね。

GOさん:自分はもう、根っからのひょうきん者だったんですよ。

小学校の時からずーっとひょうきんで、小さい頃の写真とかも、母親が言うには、ちゃんと真面目な顔がないっていうふざけている感じで。

自分も、中学校くらいから熱心に柔道やっちゃったので、笑いの方とかはひょうきん者っていうよりも、練習が厳しくて…。

そして大学行ったら、ひょうきん者(のりさん)がいたんで、「あれ?これ面白いぞ」ってなって。

無理して2人で授業行って先生笑わせたりして、単位貰いに行ったりとか。ヨイショしながら(笑)。

のりさん:GOは昔からひょうきん者かもしれないですけど、僕は昔ナルシストだったんですよね。

写真見ると全部カッコつけている写真が多いんですよ、意外と(笑)。

GOさん:お笑い芸人さんとかは意識してなくて、自分はもう警察官とか消防士とかになりたかったんですけど、すぐ就職試験に落ちたんですよ。

そしたらのりが、「お笑いを地元の友達とやる」って言ってたんで、「何だそれ。そんなの職業になるんだ」って思って。

そして、ひょうきん者だから「チャレンジしてみたい」ってなっちゃったんですよね。

ーーそれでトリオを結成されたと?

のりさん:そうですね。元々、地元の友達もお笑いやろうって言ってて、僕が大学を卒業するまで待ってた感じですかね?

学校(養成所)とか行きたかったんですけど、とりあえず色んなライブに出て勉強しようっていうことですね。

ーー浅井企画に入られたきっかけは?

のりさん:色んなところに行かせてもらって、事務所を探しているときに、芸人が文句を言ってない事務所がいいなって思って。これはもう素直な話で。

そしたら、浅井企画の文句を言ってる芸人さんがいなかったんで、良い事務所なんだろうなっていう感じで。

じゃあ「浅井企画に入れるようにしよう」っていう感じで決めましたね。

流れ星さんのちゅうえいさんは、先輩なんですけど違う事務所の時から知り合いで、「ちゅうえいさん相談があるんですけど、浅井企画に入りたいんですけど」っていう感じで。

GOさん:まぁ、裏ルートってことですよね(笑)。

のりさん「オテンキなら大丈夫じゃない?」みたいな感じで、そのマネージャーさんと面接でお話しさせてもらって。

GOさん:オテンキのこと知ってくれてたので、「いいよ」って感じでライブに出せてもらって

ーーそこから、江波戸さんと3人で活動をして行くんですよね?江波戸さんは後から加入されたと?

のりさん:そうですね。

一緒にやってた、地元の友達がお笑いやめるってことになって、初め2人でやったんですよ。

そしたら「どうやらお笑いにはツッコミが必要だな」ってなって、そこの当時の事務所のマネージャーさんから、「アイツと組めば?」みたいなお話を頂いて、「じゃあお願いします」みたいな。

ーーネタはどなたが考えられているんですか?

のりさん:基本はもう、GOが。

GOさん:まぁ、なんていうんですか、線を作って、「こういうのどう?」って相談して、ノリと固めちゃうみたいな感じだったね。

サンプルを僕が出して、サンプルが気に食わなかったらボケの部分とかを自分で考えて…。

のりさん:僕にない能力をGOは持ってて、僕は目の前の笑いをすぐ取りたくなるんですね。全体的に引いてストーリー的なものとか、本当に苦手で…。

「目の前でこんな風に言ったら面白いじゃん?」って提案すると「そうすると話が繋がらなくなるんじゃない?」って言われて「そういうもんなんだ」みたいな感じで。

確かに、全部通して動画で見てみると、確かに繋がってるなって思って。

あそこで確かに目の前の小ボケを取りに行ってたら、危ないところだったなんていうのは多々ありますけどね。

GOさん:日常生活の中で面白いことあったら言い合って、そこから一個のボケからネタつくちゃったりとかもありますね。

それはやりたいから、自分は舞台で出したいじゃないですか?それありきでネタを作ってますね。

のりさん:一発ギャグが出来たから、その一発ギャグを目立たせるネタにしようって言って。

「ひじまがりまーす」が今年で10周年なんですよね。

GOさん:これの練習量半端じゃないよな?舞台でいっぱい練習してて(笑)。

のりさん:それのやりすぎて腱鞘炎になっちゃいそうで…(笑)。

ーー江波戸さんが抜けられてどのように思われましたか?

のりさん:今まで、ずっと長くやってきてるから、僕は寂しいなという気持ちもありつつ、お笑いっていうのはツッコミが大事なので感謝ですよね。

GOさん:のりと2人で話しててもたまに「ツッコんでよ」みたいな顔するんで…。「いや、俺は江波戸じゃないんだよ」って言って(笑)。

のりさん:でも本当に感謝しかないし。

GOさん:いなくなって、ありがたみが分かるとか。

のりさん:僕はいる時から分かってましたけどね(笑)。

GOさん:俺も分かってたよ!(笑)

ーー今後のネタの方向性はどのようにお考えでしょうか?

のりさん:TikTokは1つの方向性で、カラオケみたいにツッコんでもらっても構わないとのことで。

GOさん:若い子がアレに合わせてツッコんでくれたらいいなって思って、テロップ入れてます。

のりさん:ツッコミってこういう感じでやってたら、上手くなるだろみたいな。

確かにTikTokのような形のスタイルを自分たちでやってれば、そのうちツッコミが上手くなるだろって思うんですけどね。

GOさん:本当はカラオケみたいに流したいですよね。

のりさん:舞台では、お互いがボケをやったりだとか、お互いでツッコむところはツッコんでとか、いろいろ今試しながらで、それはそれで新鮮で楽しいですね。

ーーやはり、ツッコミ不在の影響はあるんでしょうか。

2人:影響はめちゃめちゃありますよ!!

のりさん:20年目ですけど、ゼロからに近いところがあって…。

でも、今までやってきたものは、無駄じゃないなとは思いますね。

GOさん:自分なんて、作る方ばっかやってて、それがツッコミありきのネタじゃないですか?

でも、ツッコミが不在ということでワケがわからないですね。

のりさん:でも、この2つの形で、笑いが取れたりウケたりしてくると、それはそれでまた「おー来たか」と、「こういう感じでいいんだ」とか、それは毎回毎回が、より新鮮というか大事にもするし、1個1個のライブも試せるんであれば、色々試しますよね。

ーー今まで嬉しかったお仕事などはありますか?

GOさん:オーディション受かってネタ番組でらたときは、めちゃくちゃ嬉しかったですね〜。

のりさん:一時期、「爆笑レッドカーペット」っていう番組に一番出たくて、30歳までにどうにもならなかったら、「もう無理なんじゃないか」って思ってた時期があったんですよね。

2月27日生まれなんですけど、29歳の年の2月4日にやっと「爆笑レッドカーペット」に出れたときに、あれは嬉しかったですね。

30歳までにそうやってそこに出られたことが。

今振り返ってみると、あそこで一発出とかなかったら本当に分かんなかったな〜っていうのはありますね。

GOさん:「爆笑オンエアバトル」は嬉しかったです。

「爆笑オンエアバトル」はテレビで見てて、こういうところに出たいなーって、歴史ある番組だったので。

「テレビの前のあなたたちです!」って言ってる時に、「あぁ、これ出る側になったんだ!」ってそのときはめちゃくちゃ嬉しかったですね。

ーー憧れている芸人さんなどはいらっしゃいますか?

GOさん:まぁ、伊集院光さんは憧れてますね。

憧れてるんですけど、伊集院さんみたいにはなれないなと思いますね。

のりさん:僕はビートたけしさんに影響を与えてもらって、もともとこの世界に興味を持ったので、たけしさんはずっと憧れというのは持ってますね。

ーーたけしさんとの共演は…?

のりさん:ありますね〜。

GOさん:めちゃくちゃ嬉しそうでした(笑)。

のりさん:あの時、貧乏芸人みたいな感じの特集で…。

「世界まる見え」でたけしさんがニセモノのお金をつけて登場するんですね。

それを貧乏芸人が剥がしに行くんですけど、僕が一つ剥がしたら、蹴っ飛ばして貰えたんですよ。

あの瞬間にもう泣いちゃってましたもんね。

あの時に剥がしたニセモノのお金は、お守りで今でも家に飾ってありますね。

打ち上げてたけしさんのキャラクターが描かれたビールを、みんなに配るんですけど、僕は飲まずに持って帰りましたもん(笑)。

あと、明石家さんまさんもそうですね。

「さんまのお笑い向上委員会」で、さんまさんが頭引っ叩いてくれるじゃないですか?あの瞬間、泣いちゃいそうになっちゃうんですよ、嬉しすぎて。

ーーコンビとしての将来像などはありますか?

のりさん:そうですね〜。バカ売れして、GOくんに結婚相手が見つかるいいなって思ってますね(笑)。

GOさん:ありがとうございます!(笑)。

まぁ、そうですね〜、諦めたくないですね。売れたいです!

ちょっと歳取っちゃったんですけど、ここ2人になって、また、新たにスタートして「オテンキ」っていう名前をみんなが知ってくれてるようなコンビになりたいですね。

のりさん:意外と同年代とか先輩とかも、ずっと辞めずに続けてやってて、それこそ錦鯉さんとかはあんなに面白いのに売れるのに時間がかかったくらいで。

長谷川さん(錦鯉)なんて50歳過ぎてるけど、「全然頑張ればいけるんだな」っていう意味では、元気をもらったんで。

たけしさんも、売れるためには諦めずに続けることが大切っておしゃってたので。

GOさん:先輩たちもお世話になっているんですけど、先輩たちもあんまり「頑張れ頑張れ」って言いづらい歳じゃないですか?

「諦めろ」っていうのも言いづらい歳だと思いますし、売れたらめちゃくちゃ喜んでくれると思うので、そういう恩返しっていうか。

のりさん:ネタはあんまり得意じゃないんですけど、やっぱりお笑い芸人だから、ネタはやっていきたいなと思いますね。

GOさん:ライブはやり続けようとは思いますね。

のりさん:唯一できる貯金って、ネタを作ることだけじゃないかなって…。今、すごくいいこと言いませんでした?(笑)

GOさん:俺だろ?言ったの(笑)。

のりさん:お前、一番言ってねーよ!!!(笑)

オテンキのプロフィール

名前(左):GO(ごー)

生年月日:1978年8月27日

血液型:B型

出身地:東京都・江戸川区

最終学歴:東洋大学

趣味:柔道、釣り、習い事、実験、フェンシング

名前(右):のり

生年月日:1979年2月27日

血液型:O型

出身地:千葉県

最終学歴:東洋大学

趣味:柔道、空手、剣道、クッブ(日本クッブ協会公認指導者)

お笑いコンビ・オテンキ。のりとGOは大学の同級生で、柔道部で出会いトリオを結成。

2021年8月、メンバーの脱退によりトリオからコンビとなって再スタートを図る。

ネタは主にコントが中心で、小気味の良いボケと明るいキャラクターを武器に、様々な番組等で活躍をみせる。

スポンサーリンク

55NEXTライブ詳細

オテンキのお2人も、ゼロからの最終発ということで出演をする浅井企画の若手ライブ「55NEXT」。

毎月、55・54・53のという3段階に分かれたライブを開催しており、お客さんの投票によって昇格や降格が決定します。

日時:2021年10月1日(金)開場19:20 開演19:30 (~21:00頃終演予定)

会場:バティオス with 藤崎翔(新宿区歌舞伎町2-45-4)

出演:ラヴィンラフィン/ミリオンダラーベイベー/ぬえ/オテンキ/マリオネットブラザーズ/リクロジー/アモーン/でっかい!くぼた/ジャイアントジャイアン/上木恋愛研究所/元祖いちごちゃん/インデペンデンスデイ/ニュークレープ/ドドん

ゲスト:忘れる。(フリー)

チケット:会場観覧チケット 前売1,500円/当日1,600円(整理番号付き・全席自由)

イベントの詳しい情報や、ご来場の際の注意事項などに関しては下記の浅井企画のホームページをご覧ください。

浅井企画:http://asaikikaku.co.jp/news/live/9555.html

(文・取材:Quick Timez編集部)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)