当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ジグザグジギー池田、売れる前のナイツを見て衝撃を受ける「こんなに面白い人たちがいるんだ」

スポンサーリンク
お笑い芸人

10月14日〜17日の間で行われる内村光良さんのコントライブ「内村文化祭’21 満面」にお笑いコンビ・ジグザグジギーのお2人が出演されます。

そこで、当編集部ではジグザグジギーのお2人にお話を伺いました。

本記事では前編と題して、インタビューの前半部分をお送りします。

後半をご覧になりたい方は、こちらから。

スポンサーリンク

ジグザグジギー池田、売れる前のナイツを見て衝撃を受ける

ーーまず、お2人のお笑いの入り口からお伺いします。池田さんはご友人がコントをやっている姿を見て興味を持たれたとか?

池田さん:そうです。中学の友達が、高校生の時にお笑い芸人をやっていて事務所にも所属していて、多分そんな大手じゃなかったと思いますけど。

それを見て刺激的と言うか、周りにやっている人が普通にいるんだ、というか。

こういう道もあるんだなって思い、それがスッと入ってきて。

ーー宮澤さんは小学校時代に友人とコンビを組んでネタを披露して?

宮澤さん:コンビというか、小学校の時にクラスの中から誰かが出し物やりなさいっていう企画があって、その時に誰もやりたがらなかったので、先生がくじ引きを引いて当たった奴がやれっていう話になって、僕があたりを引いてしまい…。

何でもよかったんですよ、ダンスしようが歌踊ろうがなんでもいいんですけど、当時から志村けんさんやダウンタウンさんや、ウッチャンナンチャンさん、とんねるずさんのコント番組も見ていたので、コントでもやってみようかなって思って、友達集めて全校生徒の前で披露したら結構盛り上がって。

「あ、いいもんだなー」って思ってから、そこから頭の中にお笑い芸人なりたいなって思って。

小学校の卒業アルバムにも、お笑い芸人になりたいって書いたんですよ。

そっからそれ以外、あんまり考えられなかった感じですね。

ーー小学生の頃の大きな夢という軸が全くぶれないなってすごいですよね?

宮澤さん:まぁ、中学の頃とかはあれですけど、高校の時も仲間内で映像を撮って学園祭で上映して見たりとか、常になんとなくお笑いが好きな人もいて。

誰かと固定でコンビを組んだとかはないですけど、何人かで常にお笑いのようなことをやり続けていたので、他の方向にいこうとかあんまり思わなかったですね。

池田さん:僕は夢っていう感覚はなかったですね。

本当に親にも芸人初めて5年ぐらいは内緒にしていたので、夢に向かってっていうよりも「僕なんかがやっていいのかな?」って感じでしたね。

ーー池田さんのお父さんは厳格な方とお聞きしましたが…?

池田さん:そですね。お笑い番組とかも見たことないような…。

めちゃめちゃ厳しいしつけをされたかって言ったらそうでもないですけど、言ってもすんなりは受け入れてくれないだろうなって雰囲気はありました。

僕が勝手に察しちゃって、就職するのに反対するんだと思って。だからお笑い芸人なんて無理だろうなってどっかにあったと思いますね。

ーーお2人は最初、ワタナベエンタさんの養成所にいらっしゃったんですよね?

池田さん:そうです。ワタナベコメディースクールっていうところの4期生です。

ーーお互いスクールを卒業してから宮澤さんの方はワタナベエンタさんに入って、池田さんはフリーでやられていたと…

池田さん:そうですね、ケイダッシュさんとかオーディションを受けに行ってました。

ライブも毎月出さしてもらっていて。

売れる前のオードリーさんとご一緒させていただいていたりとか…。

ーーそこから時を経てお2人が出会うことになりますが、どのような経緯で?

池田さん:もともと養成所時代から「ウルトラC」っていう自主ライブをやっていて、同期の同じクラスのメンバーだけで。

それも継続的にやっていてあっていたので、久々に会ったというよりは毎月固定のメンバーでライブをやっていたので…

宮澤さん:僕がワタナベに入って3ヶ月で解散してしまって…。解散すると事務所を出ないと行けないので…。

解散をして、自分は次の相方をどうしようか考えた時に、ピン芸人としてやるつもりはなく、相方見つかるまではピンで活動しておこうみたいな?

とりあえずそういう気持ちもなく休んでいる状態で。

実質その「ウルトラC」っていうライブも裏方に回ってライブの運営みたいなことはずっとやっていたんですけど。

ずっと舞台上に出るっていうのは休んでいて、その期間に組んで欲しいなって思って組みました。

ーーコンビ間の苦労とか感じたこととかあったりしましたか?

池田さん:あんまり…。本当に喧嘩もないですしこれといった苦労はないですね。

まぁ、僕が迷惑をかけているのが多いですから。割と遅刻することとかあるのでそれで迷惑をかけることは多いです。

多分、僕の分も謝ってくれている回数は多いのかなって思います。

宮澤さん:ネタ作りとかもで揉めたこととかもそんなにないですし、趣味趣向も違うし性格も全然違うし、プライベートの話もあんまりしない関係性で。

僕の中では悪い意味ではなく、本当に良い意味でビジネスパートナーなんですよ。

だから、ネタ作りとか仕事以外のところは本当に別に会わないし。

だから喧嘩になることもなければ、ある程度線を引いているのでいい距離感を保ってずっとやってるって感じです。

だから謝っているのも仕事上で謝っている感じですかね?ビジネスで(笑)

池田さん:それあんま言わない方かいいよ(笑)

ーーマセキさんに所属した理由というのは?

池田さん:まず、もう一回養成所に行くのはないなと思っていたので、一発目を受けたのがマセキだったので、わりとそれぐらいなんですけど。

僕は、半券を持って事務所のオーディションライブを観に行かなきゃ行かなかったんですよ。

それ2人で観に行ったよね?

宮澤さん:うん、行ったね。

池田さん:その時にナイツさんと、やまもとまさみさんが出てて、お2組ともテレビとか出る前なんですけど衝撃を受けて。

こんなに面白い人たちがいるんだっていう、で売れてないんだっていう。

この事務所には面白い人たちがたくさんいるんだろうなって思って。その時に入りたいなって感覚は芽生えましたね。

もともと行こうと思ったのは数社ぐらいしかないですけどね。

結構衝撃でしたナイツさんに関しては、ヤホーのネタとかやってて。

それをテレビで観る前に観たので、とんでもなく面白いなって思いました。

ーーマセキさんに実際に来てみてそうですか?

池田さん:なんか個人戦って感じがしますね。

吉本さんとかはみんなでテレビに出てやるみたいな感じかなって思いますけど、個々の能力だけでやってるなっていう。

だから面白くて残っている方がたくさんいるんですけど。

あんまり繋がりがないですかね。

ーー「アメトーーク!」などでは「マセキ三兄弟」みたいなこともやられてますけど?

池田さん:やっとここ最近だけじゃないですか?それこそバーターとかしない事務所なんで。

内村さん出てるから、誰か若手1人入れてくださいみたいな、そういうのはない事務所なんで、本当に個々の能力でやっている感じですね。

ジグザグジギープロフィール

名前(左):宮澤 聡(みやざわ さとし)

生年月日:1984年5月17日

血液型:A型

出身:東京都台東区

学歴:学習院大学卒業

趣味:プロレス観戦、プロレスラーのサイン収集、飲食

名前(右):池田 勝(いけだ まさる)

生年月日:1981年12月11日

血液型:B型

出身:神奈川県横浜市

学歴:明治大学卒業

趣味:スキューバダイビング、スターウォーズ、映画ドラマ鑑賞

お笑いコンビ・ジグザグジギー。独特の視点から繰り広げられるコントを武器に、2013年と2016年ではキングオブコントの決勝に進出。

2014年には、NHK「オンバト+」で第4代チャンピオンとなるなど輝かしい実績を残しており、多方面で活躍をしている。

スポンサーリンク

「内村文化祭’21 満面」の詳細

ジグザグジギーの2人も出演をするという「内村文化祭’21 満面」。

同ライブは、マセキ芸能社の先輩にあたるウッチャンナンチャンの内村光良さんが、 「ただ、今やりたいことのオンパレード」を実現するライブです。

「1年間、自分が経験したもの、体験したものを出す」場として、 2017年より過去4回にわたって行ってきました。

定番となる演目は、 オープニングとエンディングを飾る歌や、 内村ダンサーズと共に踊るダンス、 内村さん1人での実録コント(漫談)、ゲストを交えたコント(劇)などです。

今年57歳となった内村さんがやりたいことを純粋に追求し、 「とにかくお客さん、ついてきて下さい!」と、全力で演目に取り組む姿を“生”で楽しめる唯一無二のライブです。

タイトル:「内村文化祭 ’21 満面」

出演者:内村光良、松本妃代 (ソニー・ミュージック・アーティスツ)、勢登健雄、ジグザグジギー 、ルシファー吉岡、しゃもじ、内村ダンサーズ

日時:2021年10月14日(木)〜17日(日)

10月14日(木)
18:00開場/19:00開演

10月15日(金)
18:00開場/19:00開演

10月16日(土)
13:00開場/14:00開演
17:00開場/18:00開演

10月17日(日)
13:00開場/14:00開演

料金:¥7,500(税込・全席指定席) ※未就学児童入場不可 ※車椅子でお越しのお客様は、事前に問い合わせ先までご連絡ください。

会場:日本青年館ホール

住所:〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-1

チケット:マセキライブサークルチケットぴあイープラスローチケ

(文・取材:YUICHI IGARASHI)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)