当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

トラウデン直美、橋本聖子のセクハラ疑惑へ信じられないフォロー…「男性差別だ」と物議をかもす

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

森喜朗氏の後任として先週、東京五輪組織委員会の新会長に就任した橋本聖子氏。

会長就任にあたって開いた会見で過去週刊誌に報じられたセクハラ疑惑について釈明したことを21日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)が取り上げると、番組コメンテーターのタレント・トラウデン直美さんが持論を述べました。

するとトラウデンさんのコメントに視聴者が反発、「こんなヤツをテレビ出すな」との怒り声が。

スポンサーリンク

トラウデン直美、橋本聖子新会長にエール

21日、森喜朗氏の後任として会長に就任した元五輪担当相・橋本聖子氏の就任会見について「ワイドナショー」(フジテレビ系)が特集、番組コメンテーターのタレント・トラウデン直美さんが橋本氏の過去のスキャンダルについて持論を述べました。

失言が相次いだことで辞任した森氏に代わり、会長の座に就いた橋本氏。

就任が決定してから臨んだ会見では過去、フィギュアスケート選手にキスをするセクハラ疑惑が週刊誌によって報道されたことにも記者から質問が及び、「当時も今も深く反省をしている」と回答した上で、ジェンダーや多様性への取り組みに対する意気込みを述べたのでした。

この橋本氏が会見で述べた発言について、トラウデンさんは「現状で橋本さん以上の適任者というか、橋本さんしかいないのかなと思ってます」と橋本氏の会長選出を歓迎。

「色々な実績でしたり、オリンピックに7回出場されたということでオリンピックとの関わりも深い」と太鼓判を押した一方、セクハラ疑惑については「過去の問題ということで世界から言われたりもしていると思うんですが、ここに関しては世界への示しとしてどうなんだという部分と、でも1回の失敗で能力を生かせないというのも思うことはありますね」とフォローしました。

さらに、トラウデンさんは「ただ森会長の発言によって、日本の女性の立場が男性に追いついていないということを示してしまったのも同然だったので、ここからスタートいう気持ちでいいので橋本さん是非立場という意味でも、オリンピック成功させるという意味でも頑張ってほしいとは思います」と橋本氏の手腕へ期待を寄せました。

スポンサーリンク

セクハラ疑惑フォローに「男性差別だ」

橋本聖子氏の会長就任に期待を寄せ、セクハラ疑惑については「1回の失敗で能力を生かせないというのも思うところがある」とフォローしたトラウデン直美さん。

するとトラウデンさんの子のコメントに、番組を観ていた視聴者からは多くの抗議の声が。

「トラウデン氏のコメント、全く納得できないね。1回のミスであれば女性は許されるそうです」

「言ってることがめちゃくちゃだろ。森氏の過ち、橋本氏の過ち、どちらも同じ重さの過ちだろう。間違いなく橋本氏が適任というわけではない」

「トラウデン直美は完全にマスコミの操り人形だな」

「この人、説明下手な上に上から目線で苦手。この番組でも謎理論で不快。この人を起用する意図は何なのだろうか」

「男性は一発アウト。女性の失敗には寛容。その矛盾は疑問ではないんだろうな」

「はい、男性差別です」

「橋本さんを1回だけと擁護してたけど、橋本さんが男性でその1回をしていたら何とおっしゃっていたのか見物ではある」

「『1回の失敗で』云々の発言をしていたトラウデンさん、残念ながら生理的に無理になってきた」

などと厳しいコメントが殺到する事態に。

昨年末、首相官邸で行われた環境フォーラムでの発言が物議をかもしたトラウデンさん。

一度は自分の主義主張を俯瞰する必要があるのかもしれません。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez