当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ガンバレルーヤ・よしこ、『アメトーーク』で披露した下ネタに賛否…「放送コードゆるくない?」「私は苦手」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

1月28日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系列)。

放送内でのキツい下ネタが視聴者の間で賛否を呼ぶ事態に。

一体どういった内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

ガンバレルーヤ・よしこ、キスマイ玉森にドギツイ下ネタをぶつける

1月28日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系列)。

今回のテーマは「立ちトーーク」であり、台本やトークテーマ無しに出演する芸人たちのトーク力のみで1時間話を繋いでいく人気企画という内容で放送されました。

出演したのは出川哲郎さんを始め、アンタッチャブル、かまいたちなど人気の実力派芸人の皆さん。

流石芸歴も長く実力のある芸人の皆さんということもあり、様々なエピソードを抜群のトーク力で語っていきます。

そんな中、ガンバレルーヤの2人が「もしもツアーズ」(フジテレビ系列)に出演した際のエピソードを披露。

そこでKis-My-Ft2の玉森裕太さんと共演することとなり、番組内で「よしこちゃん玉ちゃんにあーん」というカンペが出たため、よしこさんが思わず「玉ちゃん」に絡めたドギツイ下ネタを言ってしまったのだとか。

当のよしこさんは最初自分がおかしなことを言ったと全く気付いておらず、リアクションが全く無かったためもう一度同じ事を言った際、ディレクターから「使える訳ねーだろ!」と激怒されてようやく気付いたそうです。

このエピソードに対し、アンタッチャブルの山崎さんが「奇跡の下ネタ」と評しスタジオは大盛り上がりとなりました。

この思わず下ネタとなってしまったエピソードに対し

キスマイに奇跡の下ネタ

よしこちゃん、無意識で下ネタはヤバイ

アメトークでもしツアでほ玉ちゃんとのエピソード語ってた

アメトークで、玉ちゃんの話出た!笑。まさかの巻き込まれて下ネタ

アメトークでよっちゃんが、”キスマイに奇跡の下ネタ”ってトークしててわろた。もしツアでたまさんと共演した時の話だけどこれはカットされるわな笑

など視聴者や玉森さんのファンと思しき方々から面白かったという意見や、面白い上に玉森さんに関する話が聞けて嬉しかったという意見が多く寄せられていました。

下ネタは昔からお笑いの鉄板ということもあり、視聴者の方々の評判も良かったようですね。

スポンサーリンク

下ネタに対して異論も「放送コードゆるくないか」

ガンバレルーヤよしこさんがキスマイ玉森さんに対して思わず下ネタを言ってしまったエピソードを披露し話題となった「アメトーーク!」。

しかし、好意的な意見が多く寄せられた一方で一部の視聴者からは

アメトーーク、ロンハーって下ネタの放送コードゆるくないか。 なんならちょっと引くくらいの。 深夜ラジオなら笑えるんだけど。

とても下ネタなので好き嫌いめっちゃあると思いますが。私は苦手」

アメトーク親と見てたらガンバレルーヤのよしこが下ネタぶっ込んできて、慌ててインスタ開いて聞いてないフリした

こいつら下ネタばっかだな

といった下ネタが苦手という意見や気まずかったという意見、下ネタそのものに対する苦言や放送コードの緩さを指摘する声もありました。

こういった下ネタが苦手だったり地上波ではあまりやるべきでは無いという意見は確かに様々な場面で見受けられますが、昔に比べると放送コードや放送倫理は非常に厳格となっており、下ネタを含め過激な表現は昭和の時代や平成初期に比べるとかなり抑えられた形となっています。

勿論表現の自由だからといって全てが許されるわけではありませんが、あまりに規制を厳しくしてしまうと業界や表現そのものが委縮して衰退してしまう可能性も大いにあります。

今後はそのバランスをどう取っていくかが、一段と重要になっていくのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)