当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ひろゆき「狂ってる」「そんなに無能なんですか?」五輪組織委員会を一刀両断し反響相次ぐ

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先週、相次いで失言を漏らした森喜朗氏が謝罪会見を行った後も批判が高まっていることを引き続き議題に取り上げた10日の「グッとラック!」(TBS系)。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎氏や遠藤利明氏などほか、理事や評議員40名に行った取材結果を公表しましたが、その内容に番組コメンテーターの実業家・西村博之さんがコメントを述べました。

スポンサーリンク

ひろゆき、森喜朗騒動に「狂ってる」

10日、先日相次いで口にした失言によって謝罪会見を行った森喜朗氏に依然として批判が高まっていること昨日に引き続き「グッとラック!」(TBS系)が議題に取り上げ、騒動の問題について番組コメンテーターの実業家・西村博之さんが持論を述べました。

先週初め「女性は競争意識が強い」という趣旨の発言をJOC臨時評議会で口にした森氏。

謝罪会見を行い失言を撤回したものの、直後の記者との質疑応答で苛立った様子を見せたことでさらに批判を招いたのでした。

森氏の会長職辞任を求める署名活動も行われる中、森氏の関係者は辞任を求めるどころか擁護する動きを見せている現在。

この日、一度は「問題は終わった」と声明を出したIOCも「不適切だった」と手のひらを返したことが伝えられると、「ひろゆき」の愛称で親しまれる西村さんは「森さんは悪いと思ってないと思う。本当に思った感想だった」と森氏に差別意識はなかったと指摘。

「森さんにも発言の自由がある」と強調しつつ、「問題なのは森さんがJOCの会長でそれをしてはいけないということ」とし、「やめさせるのは組織委員と理事の責任」と批判が続いている責任が組織委員会の要職に就く人物らにあると述べました。

また、この日の放送では西村さんが問題視した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事、JOC評議員に取材した内容が公開され、40人の要人中13人は取材に回答しなかったことが明らかに。

すると西村さんは「それなりのトップの人たちが、組織のトップがルールを破ったことに対して辞任してくださいって言わないんですよね一人も」、「その時点でかなり狂ってると思うんですよね」と身も蓋もないコメントを口にし、スタジオの失笑を誘いました。

さらに「森氏の後任がいないから辞任させられない」という専門家の意見が補足されると、この補足に対しても「1億人も人がいるのにたった1人いないでオリンピックできなくなるのはおかしい。そんなに無能なんですかみんな」と一蹴したのでした。

スポンサーリンク

組織委員会へ『狂ってる』発言に視聴者大ウケ

森喜朗氏の失言を発端に巻き起こった騒動に対して、「狂ってる」、「無能」などと厳しい言葉を選びながら森氏をいまだ会長として押し続ける大会組織委員会を批判した西村博之さん。

すると西村さんの厳しい言葉の数々に、番組を観ていた視聴者が反応を示し、

「狂ってると思うwwwまさにその通り!」

「ひろゆきは本当にバッサリ言ってくれるな!」

「狂ってると実にシンプルな言葉でわかりやすかった」

「ひろゆきがすげーまともなこと言ってる」

「無能は草」

などと、反響が相次ぎました。

森氏と世間の間にある認識にあるズレを説明しつつ、大会組織委員会の責任を指摘した西村さん。

明後日開催される組織委員会の会合では、責任が果たされるのか注目が集まります。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez