ひろゆき「受け取る側の気持ちが大事」ウクライナへの千羽鶴運動に疑問符で波紋広がる

文:Quick Timez 編集部
西村博之 ひろゆきトレンド
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

16日から17日にかけて自身のTwitterやYouTubeを更新したひろゆき氏。

ウクライナに千羽鶴をおくる運動は「単なる自己満である」と疑問視する内容で、ネットには波紋が広がっています。

スポンサーリンク

ひろゆき、ウクライナへの千羽鶴運動に疑問符で波紋広がる

16日から17日にかけて自身のTwitterやYouTubeを更新したひろゆき氏。

現在のウクライナの戦況を憂い、折り鶴をおくる運動が出始めている状況を指し、「処分に困るとか受け取る側の気持ちより、良い事をしているという自分の気持ちが大事という自己満足」と指摘します。

「千羽鶴とか『無駄な行為をして、良い事をした気分になるのは恥ずかしい事である。』というのをそろそろ理解して貰いたいと思ってるのは、おいらだけですかね?」と疑問を提起。

この投稿は視聴者らの間で波紋を呼び、翌17日に再びツイッターに新規投稿された「『折り鶴を受け取る側が喜ぶ状況なのか?』と考えるよりも『良い事をしてる私の気持ちな大事!』という、相手の状況よりも自己満足を優先する人が折り鶴肯定派に多いんですよね。処理に困るものを送るのは相手が欲しいのか確認してからにしましょうね、、と。」と改めて折り鶴を送ることに対して、自らの考えを補足しました。

この日は自身のYouTubeチャンネルでもTweetの真意を説明。

「食料がなく飢えている、寒いなど東日本大震災で被災して困っている人に荷物を送り、荷を解いたら食料がなくて折り鶴だけ入っていたら『なんだこれは』になる」として、ウクライナに対しても「お金だったら武器を買うなり何か利用方法があるかもしれない。でも、処理に困る、なぞの紙切れをおくられても、『うわっ、捨てづらいじゃん』みたいな。それ送ってくる送料とかあれば食い物入れてくれよ、って(なる)」と、自己愛の強い単なる自己満足に過ぎない行為であることを語りました。

さらに「(折り鶴をおくる人たちは)もらう側、人の気持ち、ウクライナの人の気持ちよりも、自分たちの気持ちがまず大事で。私たちは折り鶴をおくりたい→おくるのが正しい→受け取るのが正しい(という思考になっている)。要は送り側の気持ちが大事で、処分に困る、とか受け取る側の気持ちはどうでもいいんですよ」、「一般的にはおくる側より、受け取る側の気持ちが大事なんじゃないですか」と、持論を展開しました。

スポンサーリンク

千羽鶴はただのゴミ?それとも…ひろゆきの意見にネットざわつく

ひろゆき氏の意見は、例えば、骨折で入院している人へのお見舞いとしては十分に気持ちは伝わるものであると、闇雲に千羽鶴を批判しているわけではありません。

あくまで、戦火が飛び交うウクライナへの支援として、救援物資として送るものとしては不適切だという持論に、ネットでは

《平和への祈りは違う形でできる》

《遠くの誰かが祈りをささげてくれたっていう貴重な証》

《生きるか死ぬかの戦時下で千羽鶴贈られたらワイでもブチ切れるな》

《何もかも失って、今自分に欲しいものとか考えたら千羽鶴は違う》

《ひどいこと言うなよ。 送る人がおったとしてもさすがに多くはないだろうし、そこまで言わんでもいいでしょ》

《はっきり言って、「親切の押し付け」》

《千羽鶴って子供が参加しやすいから存在し続けてるのだと思う》

など、たくさんの意見が寄せられました。

「千羽鶴」が発端となりひろゆき氏の持論が展開されたことで、ネットではそれぞれが思う「支援」、「平和」について様々な意見が書き込まれることになりました。

「折り鶴を折る過程」に意味はあり、その気持ちや願い・思いは否定されるものではありません。

幼児であれば、それをきっかけに支援や善意について考えるきっかけとなるもの。

今回の戦争で最も痛ましいのは、女性や子どもも容赦なく犠牲になっている点で、この問題を解決するために私たちはいま何ができるのかを考えなければならないでしょう。

読者の皆さんは、「千羽鶴」をきっかけにどの様なお考えをお持ちになりましたか。

(文:Quick Timez編集部)