当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

平手友梨奈、『FNS歌謡祭』での生歌披露に視聴者ガッカリ「何がしたいの?」「清々しいほどに口パク」

スポンサーリンク
歌手

画像:時事

12月9日放送の「2020 FNS歌謡祭 第2夜」(フジテレビ系)。

元欅坂46のメンバーでセンターなどを務め、現在はソロとして活動する平手友梨奈さんが出演し、ソロ曲を初披露しました。

しかし、全部が口パクではないかという疑惑に視聴者から波紋の声が広がっています。

スポンサーリンク

平手友梨奈、「FNS歌謡祭」での口パク疑惑に視聴者もガッカリ

12月9日放送の「2020 FNS歌謡祭 第2夜」(フジテレビ系)。

アイドルグループ「欅坂46」でセンターを務めた平手友梨奈さんが出演しました。

平手さんは今年、欅坂46を脱退しこの日ソロ曲を初披露。

しかし、全部が口パクではないかとして、視聴者から波紋の声が広がっています。

初披露した曲は、平手さんご自身で作曲したものなので、口パクする必要などないような気もしますが、何故そのような疑惑が出たのでしょうか。

ステージでは、男性ダンサーに囲まれて最初から最後まで激しいダンスパフォーマンスを繰り広げる平手さん。

まだ10代の少女とは思えないほど、周りの男性ダンサーに劣らない迫力を見せつける一方で、口が動いていないにも関わらず歌が聞こえるなど、口パクが決定的だったために、番組を見た視聴者からは

《平手友梨奈すごいとか言われてるけど結局口パクじゃん。叫んでる時と歌ってる時とで全然声量違うし。何がしたいの》

《ソロになっても口パクで踊ってたから、「歌いたい」ではなくて「踊りたい」ってほうならダンスに絞ったほうがいいと思うなぁ~》

《平手友梨奈、清々しいほどに口パクだったな》

《ソロでも口パクなら、欅坂のままでよかったんじゃ…》

《口パク感ばかり気になって、パフォーマンスが全然入ってこない》

《1人のアーティストとして音楽番組に出るなら、全部歌わないと僕はダメだと思います。口パク使うくらいならダンサーとして出れば良いのではないでしょうか。》

など、かなりの視聴者が平手さんの口パクを指摘しておりました。

スポンサーリンク

平手友梨奈、口パク疑惑の真相は…!?

番組で激しいダンスパフォーマンスを見せてくれた平手さん。

本番では、歌だけでなくダンスや立ち位置などのフォーメーションも意識しなければならないなど、気を遣う所がたくさんあります。

ダンスのパフォーマンスレベルにおいては、言わずもがなの平手さん。

気になったのは、視聴者からの「叫んでる時と歌ってる時の声量の違い」という指摘でしょうか。

恐らく生歌は披露していたと思いますが、口パクではなく被せだったと考えられます。

被せというのは音源が流れている所に生歌を歌う事を指します。

もちろんステージ上では音源がかなり大きい事から声量に違いが出て、口パクだと思われた可能性も否めません。

動画などで調べて平手さんの歌声を聴くと、その上手さが分かるでしょう。

平手さんはまだ、19歳で未成年です。

歌にダンスに演技に作曲に…全てに伸びしろがあり、無限の可能性を秘めているこれからの平手さんの活躍に期待しましょう。

ダンスパフォーマンスと共に、生歌を聴ける日を楽しみにしています。

(文:Quick Timez編集部)