当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

楠田枝里子、『バイキング』でのコメントに異変…アリエナイ違和感に視聴者「呂律回ってる?」と騒然

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事通信フォト

新型コロナウィルス感染者が急増していることを受け、小池百合子東京都知事が飲食店へ営業時間短縮を要請したことを報じた27日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

その放送でフリーアナウンサー・楠田枝里子さんが、小池都知事の矛盾を指摘しました。

しかし、そのコメントに「異変」を感じる視聴者が続出。

「なんかおばあちゃんみたい」と視聴者が違和感を覚えた、楠田さんのコメントとは一体?

スポンサーリンク

楠田枝里子、小池百合子氏の『矛盾』を指摘…「とてもそうは思えない」と『バイキング』で批判を展開

27日、小池百合子東京都知事が飲食店へ営業時間短縮を要請したことを扱った「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、コメンテーターとして出演していたフリーアナウンサー・楠田枝里子さんが小池都知事の矛盾を指摘しました。

昨日、今月28日から来月17日までの20日間、東京23区と多摩地域に要請を出した小池都知事。

しかし、同番組では埼玉県の大野元裕知事から不満があがっていることを紹介し、一都三県の足並みがそろっていないことを報道したのです。

この小池都知事の行動に楠田さんは「小池さんの提案した『短期集中』には大賛成です」と一部支持を表明、ただ一方で「Goto(トラベル)に関しては『国がやることですから』とおっしゃる。時短要請だけで徹底的に短期集中できますでしょうか。とてもそうは思えません」と、小池都知事の矛盾点を指摘。

そして「対立姿勢をあらわにしているだけなく、(東京都と国が)お互いに歩み寄ってアイデアを出し合う、統一見解として前に進む、今できることをやってほしいなと思います」と、希望を口にしました。

 

スポンサーリンク

楠田枝里子のコメントに『異変』…違和感に視聴者「呂律回ってる?」、「おばあちゃんみたい」

小池百合子東京都知事が飲食店へ営業時間短縮を要請したことについて、矛盾点を指摘した楠田枝里子さん。

しかし、そのコメントに違和感を覚える視聴者が続出しました。

「楠田枝里子が『ゴーツー』って言ってるのが気になる」

Gotoトラベルキャンペーンを「ゴーツー」と発音していた楠田さん、「トゥー」を「ツー」と繰り返す楠田さんのコメントに、

「ダメだ、楠田さんの『ゴーツー』が気になりすぎて内容が全然入ってこない……」

「坂上も『to』を強調しだしたじゃないか」

「楠田、呂律回ってないぞww」

「うちのおばあちゃんみたいだ。CDを『シーデー』と言うのと同じ」

などと、コメントの内容よりも注目が集まる事態に。

長年アナウンサーとして活躍してきた楠田さんだからこそ、ちょっとした発音の変化に指摘が殺到してしまったようです。

(文:有馬翔平)