SNSで最新の記事を受け取る

イモトアヤコ、訃報の3日後だった『ブルーインパルス』飛行…意味深メッセージにファン涙

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

18日、タレント・イモトアヤコさんが航空自衛隊の「ブルーインパルス」に搭乗する模様が「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)で公開されました。

一般女性としては初のブルーインパルスでの飛行、その様子に多くの感動呼びました。

しかしその中で、イモトさんが飛行した「日付」に注目が集まっています。

「よく頑張った」と慰労の言葉が集まった、そのワケとは一体?

ad
スポンサーリンク

イモトアヤコ、『ブルーインパルス』に搭乗!一般女性では初の快挙を成し遂げる!

タレント・イモトアヤコさんが航空自衛隊第11飛行隊、通称「ブルーインパルス」に搭乗する模様が18日夜、「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)で公開されました。

今回、同番組の企画で東北・宮城県の各所を巡ったイモトさん、航空自衛隊のPRを目的に県内にある松島基地を訪問し飛行訓練を見学しました。

その後搭乗のために必要な訓練を受講、ライセンスを取得していざコックピットに乗り込むと大空へテイクオフ。

最高時速1000km、体にかかるGはスペースシャトルが大気圏に突入する時と同等の「3G」がかかる中、ブルーインパルスが式典などで実際に行う空中技を体験しました。

その様子に、視聴者からは大きな反響が。

「カッコイイ」などという声はもちろん、滅多に見ることのできないコックピットからの映像に「貴重」というコメントも殺到しました。

搭乗後、「嬉しいよ。ブルーインパルスに乗った(一般で)初めての女性ということで」と顔をほころばせたイモトさん。

次の機会があれば、難易度の高い技を体験したいと希望を口にしました。

 

スポンサーリンク

イモトアヤコ、訃報の直後だった…意味深なメッセージに視聴者涙

一般女性として初めてブルーインパルスに搭乗したイモトアヤコさん。

しかし放送では、「日付」に注目する視聴者が続出しました。

搭乗直前に行われた航空自衛隊のブリーフィング(打ち合わせ)で明らかになったのですが、イモトさんがブルーインパルスに搭乗した日は先月30日。

イモトさんの親友でもあった女優・竹内結子さんの訃報が伝えられてから3日後のことでした。

カメラに映ったイモトさんの姿は気丈だったものの、「見てる人が楽しく、上を向けるような搭乗にします」と言葉を絞り出したり、離陸直前には目元を拭ったりと憔悴している様子が端々で見られたのです。

しかしそれでも搭乗したイモトさんの姿に、

「悲しみを吹っ切って、前に進もうとする意志を感じた」

「イモトさんの想いが竹内さんに届いていたらいいな」

「俺も頑張ろうと思った」

など、感動を覚える視聴者が続出しました。

視聴者を感動に巻き込んだ今回のブルーインパルス搭乗の背景には、様々なイモトさんの想いも影響していたようです。

(文:有馬翔平)