お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

『スッキリ』、最先端ロボット『A1』の登場に「キモイ」と悲鳴…「鳥肌もの」と視聴者も戦々恐々

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

「動きがキモイ」

1日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で最新のテクノロジーを駆使した、あるものが登場。

しかし、その絵面に全国から悲鳴が上がるハプニングが発生しました。

朝からお茶の間を恐怖のどん底に陥れたあるものの正体とは?

ad
スポンサーリンク

「スッキリ」、最先端ロボットの登場に「キモイ」と悲鳴…「鳥肌が立った」と視聴者を恐怖に突き落とす事態に

「スッキリ」(日本テレビ系)で1日、放送冒頭で紹介されたとあるロボットに悲鳴が上がっています。

この日、同番組が紹介したものは、四足歩行が可能な犬型ロボット「A1」。

高さ40cm、長さ50cm、重さは12kgという軽量なボディでダイナミックな動きも可能になっており、スタジオではその特性を生かしたダンスまで披露。

しかし、番組を観ていた視聴者は高性能ロボット「A1」にドン引きした様子。

「キモイ」

「恐怖しか感じない」

「鳥肌が立った」

ネット上は一瞬で阿鼻叫喚のちまたと化し、「放送事故」という単語まで飛び出す事態に。

その原因は、「A1」の見た目にありました。

同ロボットはロボット犬と肩書きがあるようですが、外見は頭部にあたる部分は存在せず、脚は胴体の割りに細く、何と言っても無機質な機械感がむき出し。

過去、愛玩ロボットとして発売された「AIBO」などとは、全く異なる姿だったのです。

さらに歩行の際にその細い脚がその場で足踏みをはじめ、カシャカシャとなる様子が「昆虫っぽい」との指摘も。

ただ、今のところ愛玩目的ではなく、巡回など実用的な目的で購入されることが多いという「A1」。

警備など防犯面であれば無敵のロボットかもしれません。

 

スポンサーリンク

ターゲット追尾機能も!性能がピカイチ!

見た目から反響が相次いだロボット「A1」ですが、性能は最先端テクノロジーを駆使しているだけあって様々な機能を搭載しています。

小型なだけあって俊敏性にも優れ、最高速度は時速11kmにもなるのだとか。

これは成人がジョギングする平均速度と同等で、四足歩行ロボットの中では最高スピードを誇っています。

また、自動追尾機能で特定の人物を後を追ったり、動く障害物を回避することも容易くできりのだそう。

近い将来、街中を闊歩するのは「A1」のような四足歩行ロボットなのでしょうか。

(文:有馬翔平)