SNSで最新の記事を受け取る

柏木由紀、ファンからの「裸が見たいです」に対し激怒…「特定するよ?」

スポンサーリンク
アイドル

画像:時事

28日、自身のYouTubeを公開したAKB48・柏木由紀さん。

ファンからのコメントにいいねを押したり、それについて言及をするという企画だったのですが、一部、激怒する場面が。

柏木さんの怒りを買った視聴者からのコメントとは?

スポンサーリンク

柏木由紀、「裸が見たいです」に対し衝撃の回答…「それ親の前で言えるの?」

28日、自身のYouTubeで動画を公開したAKB48・柏木由紀さん。

柏木さんといえば、現役のアイドルとして同グループで活躍する一方、YouTuberとしても活動をしており、現在ではおよそ32万人ものチャンネル登録者数を誇っています。

踊ってみたや歌ってみた系の動画、アイドルらしくメイク&コスメ系の紹介動画など、コンテンツは多岐に渡るのですが、この日公開した動画は「コメントにいいね押すつもりが変なコメント多すぎて柏木由紀怒ってます」というタイトルのもの。

自身初となるという、 YouTubeへのコメントに「いいね」を押す企画ということで、序盤からテンションは高めの柏木さん。

動画視聴者からのコメントを紹介し、いいねを押していきます。

「YouTube見だして、ゆきりんのイメージが変わりました。すごく面白いです」

「スタッフさん含め、楽しそうなのが良い!仲良さそうなのが伝わる」

といったポジティブな意見も多く、柏木さんもこれには思わず笑顔が溢れてしまうほど。

しかし、コメント欄には不適切なものも多いようで、「水着をグラビアで出してるから、コメント欄やばい」と曇りがちな表情を浮かべます。

「私だけじゃなくて、みんなが見てるんだからさぁ〜」と前置きをした上で、「ええ体しとるなぁ」に対しては「なんで上からやねん」、「たまらんバディ」には「バディじゃないから、ボディだから」とツッコミを入れる柏木さん。

さらに、「もう最悪!最悪コメント見つけたけど、もう、読めないくらい最悪」と、思わず低評価を押したくなるような不適切なコメントがあったことも報告。

この後も、ファンからのコメントに目を通し、それについていいねを押したり、エピソードを語っていきます。

そんな中、動画の後半「僕は裸が見たい」という意見があったことを紹介。

これにはさすがの柏木さんも、「同じ職場の女の人に言える?彼女の親がいる前で言える?やめなよ、もぉ〜みんな〜。異性の友達、クラスメイト、職場の人に言えないことは書かないでおこうね」とキツめのダメ出し。

「自分の親にも言えること書こう」とした上で、「特定するよ!?」と発言者に激怒する場面も。

柏木さん本人はグラビアアイドルという一面もある以上、一般の方よりは少なからずこうした意見には耐性があるのかもしれませんが、YouTubeのコメント欄は不特定多数の人が閲覧できるプラットフォームです。

不快になるようなコメントは出来るだけ避け、ガイドラインを遵守した応援メッセージを送ることで、動画作成者のモチベーションにも繋がり、健全な空間となることでしょう。

(文:服部慎一)