明石家さんま、『ラヴィット!』代役MCのオファーがあったことを明かすも「その日にザコシショウが…」

文:Quick Timez 編集部
明石家さんまお笑い芸人
スポンサーリンク

画像:時事

26日に放送された「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)。

MCの明石家さんまさんが出演し、『ラヴィット!』(TBS系列)MCの川島明さん(麒麟)が新型コロナウイルスにより番組を欠席し、自身に「代役」として正式なオファーがあったことを明かしました。

スポンサーリンク

さんま『ラヴィット!』代役MCのオファーがあったことを明かす

26日に放送された「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)。

MCの明石家さんまさんが出演し「このコロナ禍で実は先週の木曜日、『ラヴィット!』という朝の番組からオファーが来たんですよ」と告白。

「(MCの)川島(明)がコロナになって。(代役は)タレント同格の人が行くのよね。TBSは俺を川島と同格だと思ってる」と笑わせます。

続けて「俺もそういうのちょっとやりたかったしやね、朝8時から10時というのがつらかったですけども、『おお!やるわ!』って言うたんです」とオファーを快諾したことを明かしました。

その後、打診を受けた足で、さんまさんは自身が所属している吉本興業の岡本昭彦代表と面介したそう。

さんまさんが代役のオファーを受けていることを知らない岡本社長が、『ラヴィット!』に出演したハリウッドザコシショウさんの暴れん坊ぶりを絶賛。

岡本社長の「朝からお笑い向上委員会にしようとしてますわ」、「革命的」、「すごい面白かった」と感激して褒めちぎる様を見て、さんまさんは「出たらそうやろうと思ってた」、「どうせ1回やし、向上委員会みたいにして、世間に何と言われようが『さんまがやるとこうなる』っていうのを、朝のワイドショーでやりたかった」と気合を入れたそうですが「その日にザコシショウが暴れよったから『あ、同じことになるわ』と思って断ったんです」と二番煎じになることを考慮し、オファーを辞退したと明かしました。

スポンサーリンク

明石家さんま、夏休みの帯代打は全狙い

さんまさんは「ザコシショウが出てなかったら、おそらく木曜日に出る気持ちだった。『これはあかんわ』、『ザコシショウがやってしもうたわ』と思って、連絡入れて。そしたらTBSさんが『えー! 出るみたいなことおっしゃってましたやんか』って言うてました」と苦笑されたことを振り返りました。

しかしながら、今後の出演は依然として狙っているとアピールするさんまさん。

後日、川島さんと行き会った際、MCは年に1回、夏休みを取るという話題になった様で「『そこでもう一度、夏休みに休むんで』と。その時にマツコが横にいて、『さんちゃんがやるなら私も出る』って」と、マツコ・デラックスもさんまさんとの朝の共演に前のめりの姿勢を見せたと言います。

さんまさんは語気を強めに「他の帯(番組)でやってる人たち、1週間休むでしょう?そこは全部、さんまマツコが狙っていることを(伝えたい)」と猛アピール。

宮根誠司アナの「ミヤネ屋」(日本テレビ系列)、極楽とんぼ・加藤浩次さんの「スッキリ」(日本テレビ系列)など具体的な番組名も挙げ、「『ミヤネ屋』は『アカシ屋』でいける。『スッキリしない』にしたらええのやろ?」と、自分が出た際の番組名変更まで提案する始末。

さんまさんはヒートアップして「さんま、マツコを使う勇気のある方は…。たった1日ですから、年に。祭り気分で」と営業をかけます。

ネットには「そもそもさんまさんは、生放送には向いてないと思う」といった意見も見られましたが、朝からさんまさんを見られると言うのはなんとも贅沢な1日となるのではないでしょうか。

(文:Quick Timez編集部)