SNSで最新の記事を受け取る

神田うのの怪我が痛々しい!目元を6針も縫い、眼帯姿をYouTubeに投稿し話題に…

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

7日に放送された「相席食堂」(テレビ朝日系列)で、眼帯をつけて出演したモデルの神田うのさん。

神田さんは、自宅でハプニングが起こり、顔を6針縫うほどの怪我をしたと明かした上で、事故が起こった原因をYouTubeで明らかにしました。

神田さんはなぜ、顔に怪我を負う事故に巻き込まれたのでしょうか。

【関連】神田うの、『抗体検査』が陰性と告白…「これで美川憲一と安心して会えます 」と発言も、炎上

スポンサーリンク

神田うの、料理中に不注意で目元に6針縫う大怪我に「本当に心配です」との声

7日に放送された「相席食堂」(テレビ朝日系列)で、眼帯をつけて出演したモデルの神田うのさん。

神田さんはモデルとして活躍しながらも、女優やYouTuberとしての活動もされています。

そんな神田さんは五月末に、料理をしている時の不手際で、眉と目の間を6針縫うといったハプニングが発生。

そのため、同番組で眼帯をつけた出演した神田さんの姿に、視聴者から驚きの声が多く寄せられました。

神田さんは自身の目元の事故した、現場を再現したYouTubeを、投稿しました。

神田さんは普段料理中に、キッチンの冷蔵庫と電子レンジの移動する際に走っているようです。

冷蔵庫から電子レンジの移動する導線で、フードプロセッサーの電源コードを避けようとしゃがんだ先に、調味料をおいたラックに目元を勢いよくぶつけてしまい、パックリ切ってしまいました。

神田さんはこのような怪我に関して普通では起こりうるものではなく、自分のそそかしい性格が原因だと分析。

目元を怪我したことにショックを受け、傷跡が残らず完治するかを心配する神田さんでした。

この動画を見たファンからは、

「一歩間違えたら、失明の可能性ありましたね、、」

「大丈夫でしょうか。本当に心配です。。」

「綺麗に元に戻りますように」

と、神田さんを心配する声が多く寄せられました。

 

スポンサーリンク

現代の医療技術で顔の傷は治すことができるのか?傷跡を残さないように紫外線予防することが重要

料理を作っている最中に、神田うのさんは勢いよく動いてしまい、目元をパックリ切った結果、6針縫う怪我をおいました。

そんな神田さんは、怪我が痕が残らず完治するかと、心配していましたが、現代の医療技術で全く痕が残らず、完治させることはできるのでしょうか。

怪我をした時に様々な病院で縫うことが可能となるのですが、一番痕が残らないようにしてくれるのが、形成外科です。

今の医療技術は発達しているため、芸能人でもフィギュアスケートの選手や、ビートたけしさんが過去に顔に怪我を負い顔面を縫ってはいますが、今ではほとんどわからない状態までに回復しています。

しかし、気をつけなければならないのは、抜糸をした後は紫外線を当てないように工夫することが必要だとのこと。

傷口は紫外線に弱く、紫外線を浴びると色素沈着しやすい、と言われています。

そのため、完治するまで傷口にテープを張り、ケアをすることが一番痕を残さないようにする必要となります。

料理を作っている際に、目元をパックリ切ってしまった神田さん。

現代の医療技術は進歩しているので、しっかりケアして完治した姿の神田さんが戻ってこられるのを楽しみに待ちましょう。

(文:M.K)