神田うの、『抗体検査』が陰性と告白…「これで美川憲一と安心して会えます 」と発言も、炎上

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

16日にタレントの神田うのさんが、自身のInstagramを更新しました。

神田さんが新型コロナウィルスの抗体検査が陰性だったことを告白し、外出を宣言したことに対し、ファンからの批判的な声が多数寄せられました。

ファンはなぜ批判的な意見を、述べたのでしょうか。

スポンサーリンク

神田うの、抗体検査が陰性と告白!美川憲一に会いに行くという発言も…炎上

16日にタレントの神田うのさんが、自身のInstagramを更新しました。

神田さんは自身のInstagramで、新型コロナウィルスの抗体検査で陰性であったことを告白。

そして、「これで来週憲ちゃん(美川憲一さん)と安心して会えます」とコメントしました。

この投稿を読んだファンは、

「抗体検査はPCR検査とは違って、今現在の陰性の証明にはならないですよ」

「美川憲一に会うまでに感染したらどうするの?」

「そもそも、緊急事態宣言中に外出ってどうなの?」

と、新型コロナウィルスに対する知識不足と、対応が間違っている、と批判的な意見が殺到しました。

テレビ関係者の方からは、「未だ抗体検査とPCR検査の違いも理解せず投稿しているのが問題だ。みながリモートで会う努力をしている中、直接会うと明言しているのも軽率だ」と、チクリ。

これを受けた神田さんは、「まだ自粛中ですし、私は東京在住ですし、やはり会うのはやめておきます」と、自身の誤りを認めたコメントをしたのち、一連のInstagramの投稿を削除しました。

 

スポンサーリンク

抗体検査と、PCR検査の違いとは?

抗体検査を済ませたと話し、神田うのさんは美川憲一さんに会いに外出することを、Instagramに投稿し、炎上しました。

新型コロナウィルスの検査として、抗体検査とPCR検査がありますが、神田さんも勘違いしているように、その2つの検査の違いとは何なのでしょうか。

抗体検査とは、インフルエンザの抗体検査と似たような形式で、鼻咽頭から検体を採取し、ウイルスにくっつく特有の物質が入った液体に入れ、数分で結果が出ます。

抗体検査は短時間で結果が出るメリットもありますが、感染していないのに陽性と出たり、感染しているのに陰性と出ることも多々あり、精度は低いと言われています。

それに対してPCR検査とは、患者の検体を特殊な液につけ、増幅させることで新型コロナウィルスがいるかを判定し、結果がわかるのに1日から数日の時間が必要。

また、抗体検査と比べ精度は高くなりますが、陽性率(感染している人が陽性と出る確率)は70%、陰性率(完成していない人が陰性と出る確率)は99%となり、陽性が必ず判定できるわけではありません。

これらの検査の違いを知ると、抗体検査で陰性だからといって、必ずしも陰性であるとは言えず、より精度の高いPCR検査を受けたとしても、絶対と言い切れないのが医療の現状です。

そのため、PCR検査で感染の疑いが晴れたとしても、緊急事態宣言中は外出をするのはリスクがあると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

神田うの、美川憲一に会いに行こうとした理由とは?

神田うのさんは、抗体検査で陰性が判明したとして、美川憲一さんに会いに行くと発言をしました。

神田さんはなぜ、この時期に美川さんに会いに行こうと考えたのでしょうか。

美川さんは5月15日が誕生日であるため、そのお祝いもかねて神田さんは美川さんに会いに行こう、と考えていたようです。

美川さんをお祝いしたい気持ちもわかりますが、現在の医療で感染していないと断定できない状態では、直接会うことは感染のリスクがあります。

神田さんの美川さんに会いに行くという発言は、適切ではなかったでしょう。

現在は、ネットの回線も整えられているため、ZoomやLINE電話を使った遠隔でのコミュニケーションの方が、よかったかもしれません。

抗体検査が陰性で、美川さんに会いに行くと発言し、炎上した神田さん。

美川さんをお祝いしたい気持ちもわかりますが、美川さんを本当に思う気持ちがあるのであれば、リモートで会うという選択もできたのではないでしょうか。

(文:M.K)

コメント