文:Quick Timez 編集部

『スッキリ』、コウメ太夫のカオスなネタに「放送事故」「見てられない」「地獄の空気や」の声

日本テレビTV番組
画像:時事通信フォト
スポンサーリンク

6日に放送された「スッキリ!」(日本テレビ系列)。

お笑い芸人のコウメ太夫さんが出演しました。

ネタを披露後、MCの加藤浩次さんは唖然とした表情で絶句し、スタジオは無音状態が続くなど放送事故さながらの様相となり、ネットがざわつきました。

スポンサーリンク

『スッキリ』、コウメ太夫のカオスなネタに「放送事故」「見てられない」の声

6日に放送された「スッキリ!」(日本テレビ系列)。

お笑い芸人のコウメ太夫さんが出演しました。

最初は姿を見せない「天の声ゴールド」を担当するも、独特の甲高い声で、正体はバレバレ。

その後、スタジオにいつもの白塗りのメイクと花魁風の衣装で登場し「朝はごはん派かと思ったら~、ニョキニョキペンギンでした~。チックショー!」とネタを披露します。

力強いネタも、その強烈さが際立ったのか、同番組MCの加藤浩次さんは、目を見開き、開いた口が塞がらないといった様子で絶句。

実に5秒以上も無音の状態が続き、痺れを切らしたのかコウメ太夫さんからの「あれ、なんだコレ。変な間が」と挙動不審な様子が放送されます。

ネットには

《ほぼほぼ放送事故》

《気の毒で見てられないレベル》

《朝からシュール》

《地獄の空気》

など、カオスと化したスタジオの空気に放送事故を感じたという書き込みが殺到しました。

スポンサーリンク

究極のすべり芸、スタジオの沈黙は予定調和とならず

今回、スタジオを凍りつかせるほどの様相を呈したコウメ太夫さん。

進行を務めている同局の森圭介アナウンサーが「ど、どういったことだったんでしょう?」とコウメ太夫さんへ遠慮がちに近づき、今にも消え入りそうな声でおずおずと質問を投げかけます。

コウメ太夫さんは「朝、ごはんをたべることによって、ペンギンみたいに立ち上がって、みんな元気になろうなー。朝ごはんは大事だなーっていうのを表現したんですね」とそれらしく説明するも、加藤さんには全く伝わりません。

加藤さんは眉間にしわを寄せながらにらみをきかせ「しっかりネタにされてるんですね。手の甲にそのまま書いてあるんですよ。ここがド肝抜かれた」と思いつきで言ってるわけではないことに驚きを隠せない様子。

さらに「どういう時に考えられたんですか?」、「にょきにょきペンギンがどういったペンギンなのか、ネタの説明させるのって酷なんですけど、教えてもらえますか」と、まるで取り調べのような問い詰め方をしますが、コウメ太夫さんは「昔は井の頭公園で考えてたんですけど、最近は電車に乗ってる時とかお家で考えます」と、まじめに回答します。

その後もクイズ形式で「加藤浩次さんかと思ったら~」に続くフレーズを質問し、答えは「ひざかけプロテインでした~」と、加藤さんだけでなく、視聴者も意味不明の回答。

加藤さんは「ホンットすいませんでした」と平謝りし、コウメ太夫さんから「理解できるようになっていただければ」と返されたところで、ようやく爆笑となります。

番組出演終了後、「スッキリ」公式ツイッターに番組キャラクターの「スッキリす」を手に満面の笑みで登場し、「本日も圧巻」、「コウメ大先生に近付けるように、私たちも日々精進させていただきます」と出演のお礼を記載。

究極のすべり芸を極めているコウメ太夫さんですが、朝の情報番組とは少し相性が悪かったようです。

(文:Quick Timez編集部)