狩野英孝、『ロンハー』でのザキヤマの厳しいイジりに苦悩した過去「本当に嫌でしたね」

文:Quick Timez 編集部
狩野英孝お笑い芸人
スポンサーリンク

画像:時事

・25日に公開されたお笑い芸人・千原ジュニアさんの公式YouTubeチャンネル「千原ジュニアYouTube」。

・今回の動画には、同じくお笑い芸人の狩野英孝さんが出演。

・ジュニアさんとの対談を果たし、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)での裏側などを語りました。

狩野英孝の最新ニュース

狩野英孝「本当に申し訳ありません」「まだまだ足りなかった」淡々とした口調で〝とある事実〟を報告
狩野英孝、『ロンハー』でのザキヤマの厳しいイジりに苦悩した過去「本当に嫌でしたね」
狩野英孝「ボッコボコにされた」上沼恵美子に怒られたエピソード明かす
スポンサーリンク

狩野英孝、ザキヤマの発言に傷ついたと明かす

25日に公開されたお笑い芸人・千原ジュニアさんの公式YouTubeチャンネル「千原ジュニアYouTube」。

今回の動画には、同じくお笑い芸人の狩野英孝さんが出演し、ジュニアさんとの対談を果たしました。

狩野さんは動画内で自身のテレビ出演に至るまでと、駆け出しでテレビに出だしたときのことについて語り、特に「ロンドンハーツ」(テレビ朝日)に出演していたときのエピソードではアンタッチャブル・山崎弘也さんとの秘話について語る場面も。

当時の「ロンドンハーツ」について、狩野さんは「芸人が10人くらい呼ばれて10人で格付け。ジュニアさん、有吉さん、チュートリアル・徳井さん、次長課長河本さん、ザキヤマさんいますって感じで中堅じゃないですか。その中に若手1人って、太刀打ちできるわけないじゃないですか」と、若手で右も左もまだわからなかった狩野さんにはあまりにも辛かった状況を振り返り、「あれが本っっっっ当に嫌だったんですよ!」と、語気を強めました。

ジュニアさんが「まぁそりゃ嫌だったか」と理解を示すと、狩野さんは「もちろん実力も叶わないアウェイ感も感じてましたし、当時『ロンドンハーツ』のスタッフさん、淳さんに可愛がっていただいた、っていうのもあってか、『先輩が彼女つれてきてるから、笑顔でいてあげてるだけだからな』みたいなことをザキヤマさんがふらっと言ってたときがあって、俺それがグサッときて」と、肩身の狭い中、先輩のイジりに真面目にショックを受けたとも。

ジュニアさんは「それはザキヤマくんのボケやろうけど」とフォローを入れ、狩野さんも「そうなんですよ。周りは笑ってたんですよ。でも僕はグサッときてて、冷たさを勝手に感じててそれが本当に嫌でしたね」と、若く多感であったからこそ、アウェイすぎるその現場が負担になっていたことを明かしました。

ジュニアさんは「僕らは全然そんなの思ってなかったから、楽しくみんなでワイワイやって、今日の収録も良かったなって感じだったけど、孤立してる感があったんや」と、狩野さんとの感じ方のギャップに驚いている様子でした。

スポンサーリンク

孤立を感じていた20代から30代へ…千原ジュニアも「その頃からプライベートも楽しくなるんやろ」

「ロンドンハーツ」でお笑い界の洗練を受けて、フラッシュバックが怖くて自分の出ている番組のオンエアがみれないほど精神的に疲弊していた狩野さん。

しかし30代あたりになると、早熟だった狩野さんに追いつくように同期がテレビに出始め、孤立が解消されたことでそれまでほどの憂鬱さを感じなくなったといいます。

そこでジュニアさんが「その頃からプライベートも楽しくなるんやろ」と一言。

狩野さんといえば、過去に女性問題で大炎上をし、芸能活動自粛をしたことが印象的ですよね。

そんな核心をつく一言に狩野さんは「そうですね…楽しすぎました」と、タジタジ。

あまりテレビでも語られてこなかった触れづらい話題だからこそ、復帰後もあまり触れられずにいましたが、ジュニアさんがあまりにもナチュラルに話すので狩野さんも動揺を見せながらの対応となっていました。

若くして売れたことで苦労知らずにみられることもありますが、本当は1人で孤独に耐えながらテレビに出続けていた狩野さん。

根性の強さが垣間見えるエピソードの数々でした。

(文:Quick Timez 編集部)