当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

『ガキ使』、全員別人に成り果てたシュールな結末にネット爆笑「カオスすぎる」「あの発想はさすが」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

13日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系列)での、ドミノ倒し企画に注目が集まっています。

スポンサーリンク

『ガキ使』、全員別人に成り果てたシュールな結末にネット爆笑

13日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系列)。

この日、同番組では「第1回チキチキドミノ倒し1万個に挑戦~!」と題して、80年代に大ヒットした企画「ドミノ倒し」にメンバーらが挑戦。

各人に「立体交差」、「花火」、「似顔絵」などのドミノ課題があり、それらを並べることになったメンバーたちはやる気満々。

浜田雅功さんは「久しぶりに頑張ります」、「長時間になりますから」と意欲を見せ、松本人志さんも「1万個ですから」と長時間のチャレンジにワクワクしている様です。

長丁場が予想されることから途中で休憩を挟むも、浜田さんの顔に激しい違和感を感じる視聴者たち。

瞬きは一切なく、水を飲もうとしてもペットボトルを口にすら触れません。

動かないだけで、浜田さんにそっくりの精度を持つお面を被った別人ということが明らかに。

その後は、方正さん、田中直樹さんも続々とお面になり、ついには松本さんもお面姿となります。

松本さんというと筋肉ムキムキマッチョがトレードマークなのに、ポッチャリとしただらしない肉付きは衣装の上からでも違和感しか感じません。

最後までココリコの遠藤章造さんが全員へ「頑張ろう」と檄を飛ばすも、ラストにいざドミノを倒す時には全員がお面を被った別人となる展開に。

終わってみたら全員別人というシュールなエンディングにネットには

《途中からシュール過ぎる展開になり始めて、めちゃくちゃ笑った笑》

《タイトルの時点で、絶対普通のドミノじゃないって思った人は私だけじゃないはず》

《あの発想はさすがだよなー》

《ガキ使ドミノまさかのホラー回やった》

《カオスすぎる》

など、様々な意見が寄せられました。

スポンサーリンク

『ガキ使』、今回の企画は痛烈な皮肉を込め制作?

今回、あまりにもシュールな結末に、ネットにはたくさんの書き込みが寄せられました。

中でも、「これ、昔もやってたね」、「昔はこういったシュールな企画がむしろ多かったので、これこそガキの真骨頂」など、番組開始当時からのファンらは、原点回帰の様な企画を喜んだ様です。

中には、最後に「少しだけスタッフが手伝いました」というテロップだけでネタバラシをしたことから、結局お面を被った別人がドミノを完成させたヤラセを疑うクレームを入れますか?という強烈な皮肉と受け取った番組のファンからの書き込みも寄せられました。

1989年の放送開始当時は深夜番組でしたが、いつの間にか長寿番組となった同番組。

ネタ切れはおろか、まだまだ攻め続ける企画に夢中となる視聴者が続出中です。

(文:Quick Timez編集部)