岡田結実、『サンジャポ』出演で美肌際立つ「どんどん綺麗になってる」

文:Quick Timez 編集部
岡田結実TV番組
スポンサーリンク

画像:時事

5日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS系列)。

モデルでタレント・女優の岡田結実さんが出演し、ゆで卵のような美肌に注目が集まりました。

スポンサーリンク

岡田結実、『サンジャポ』出演で美肌際立つ「肌綺麗になった」

5日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS系列)。

モデルでタレント・女優の岡田結実さんが出演しました。

岡田さんというと、ニキビスキンケア商品の「プロアクティブ」のアンバサダーとしてCMに出演し、「ニキビができなくなった」とプロアクティブを使用した感想を話したことがあるほど、中学生の頃からニキビに苦しんできた過去があるようです。

ネットでは、ニキビケアのCMに出演しているのに肌荒れがひどいという声が多く、テレビ番組でも顔面にニキビが見られるという指摘が寄せられたことも一度や二度ではありません。

しかし、この日コメンテーターとしてゲスト出演した岡田さんは、真っ白なワンピースにストレートボブで明るい髪色が良く似合う衣装で登場。

カメラに映った顔はとてもキメが整っており、ニキビは見当たりません。

それどころか、輝んばかりのピチピチの肌をみた視聴者からは

《岡田結実ちゃん肌綺麗になったね》

《岡田結実さんどんどん綺麗になってくよね?最近ドラマでよく見かける気がする》

など、肌が綺麗になったという称賛の書き込みが寄せられました。

スポンサーリンク

岡田結実、今までのイメージから脱却中

岡田さんというと、バラエティ番組での活薬を思い浮かべる人が多いかと思いますが、コメディエンヌぶりも忘れてはならない女優の1人。

子役ファッションモデルとしてデビューした岡田さんですが、映画『傷だらけの悪魔』(2016)で俳優デビューを果たし、ドラマ『女子高生の無駄づかい』(2020・テレビ朝日系列)での振り切った役どころはもちろんのこと、江戸時代の伝説的花魁が突然現代にタイムスリップするラブコメドラマ『江戸モアゼル〜令和でこい、いたしんす。〜』(2021・日本テレビ系列)とコメディ色の強い作品でもインパクトを残しました。

もちろん、深みのある役どころも得意としており、『夜がどれほど暗くても』(WOWOW)では、被害者遺族の少女・星野奈々美役の抱える喪失感と葛藤を熱演し、これまでのイメージを一新。

現在、放送中の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)でも、ヒロイン・安子(上白石萌音)と娘のるいが新たに出会う人物・雪衣役として登場していますが、思わずゾクッと身がすくむような冷たい空気感を一瞬で感じさせる、女優としても無限の可能性を秘めています。

父親である岡田圭右さん(ますだおかだ)の再婚を、ネットニュースで知るなど、家庭環境は複雑な岡田さん。

そういったことを乗り越え、芸能界で輝きだしたことで、肌荒れも自然とよくなっていったのかもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)