文:Quick Timez 編集部

ryuchell、『サンジャポ』での姿に視聴者衝撃「完全に女の子やん」「上目遣い意識し過ぎてホラー」

りゅうちぇるタレント
画像:時事
スポンサーリンク

22日に放送された「サンデージャポン 」(TBS系列)に文化人としてryuchellさんが出演しました。

黒のロングヘアにクリップを留めてスカートに手袋を着用し、見た目はすっかり「女性」として登場し、自身の性のアイデンティティを簡潔にカミングアウトしましたが、ネットでは様々な意見が書き込まれ物議を呼んでいます。

スポンサーリンク

『サンジャポ』黒髪リボンにスカート姿のryuchellに賛否の声

22日に放送された「サンデージャポン 」(TBS系列)。

タレントのryuchell(りゅうちぇる)さんが「文化人」として出演しました。

この日のryuchellさんは、エクステの長くて黒い髪をセットし左右にヘアクリップをつけ薄化粧姿。

スカートを着用し手袋まではめ、フェミニンなファッションに身を包んだ姿はすっかり「女性」です。

ryuchellさんは、11日に自身のユーチューブチャンネル内にて「『性』に悩んだ学生時代」というタイトルの動画を公開。

ピンクや白、赤に囲まれた女子感全開の画面から、苦しんだ学生時代や母親に「男性が好き」とカミングアウトし、「育て方を間違えた」芳しくない反応が返ってきたときのことを涙ながらに振り返り、話題を呼びました。

同番組では、動画をアップした理由について聞かれ「本当の自分を出して応援していただきたいと思った」、「今の私について、過去のことからお伝えすることを選びました」として、今までファンの前に晒していた自分は「本当の自分ではなかった」と告白。

視聴者からは

《ギャグなのかと思うくらい目つきが女豹》

《りゅうちぇる、上目遣い意識し過ぎてホラーになってきたな》

《りゅうちぇる迷走してんなぁ… やたら上目遣いでくねくねして一生懸命女っぽくしてるけど気持ち悪いです。》

《りゅうちぇる、ずっと上目遣いなのが気持ち悪い。ほんと無理すぎてテレビで見たくないわ》

《完全に女の子やん》

《見たことの無い女性だと思ったら、りゅうちぇるでびっくり》

《だいぶ変わりましたね》

など、多くの意見が書き込まれ、ネットは賛否両論の議論となりました。

スポンサーリンク

ryuchell、着地点はどこに

今回、認知度が高まってきた頃とは180度違う雰囲気となって登場したryuchellさん。

単語こそ出なかったものの、活発化しているSDGsへの取り組みやLGBTと絡めた発言をしました。

「自身の好きなように生きる権利」については多くの人が理解を示すようになっており、またそのような生き方をオープンにする人が増えている現実があり、ryuchellさんは「本当の自分を出して応援していただきたい」と発言していますが、なぜこんなにもネットが炎上してしまうのでしょうか。

擁護派の書き込みもみられたものの、ネットで見られた書き込みの多くは否定派でryuchellさんに対し違和感を感じるというもの。

違和感の正体は、ryuchellさんの外見の雰囲気が変わったことに対してではなく、「自分本位」な点であり、自身の性に疑問を抱いておきながら、結婚し子どもをもうけたことに強い拒否感を示す書き込みは多数見られました。

「ジェンダー」について論じる前に、自身の「性」を語る上で「男性が好き」と何度も語ることで、ryuchellさんの前妻・ぺこさんとの結婚生活よりも、恋愛に重きを置く生活を送りたかったと受け取る視聴者が後を絶たないのでしょう。

ネットには「親としてどうなの?」、「子どものことを考えるとモヤる」など、他人事ながら複雑な気持ちを抱いている書き込みもみられます。

「普通で一般的な」父親と母親の元で育つことが「幸せ」と断言できない昨今ゆえに盛り上がってしまうのかもしれませんが、とても難しい問題を孕んでいます。

ryuchellさんは、もう誰1人として傷つけたくないのだと思いますが、生きていれば何かしら問題は発生し、いつも幸福感で満たされるということはありません。

自分とも家族とも世の中とも向き合い、傷ついてきた過去の自分を癒し、家族のこれからの幸せをどのように捉えているのか、ryuchellさんが心から笑える日はどのような日々なのでしょうか。

(文:Quick Timez編集部)