当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

矢作兼、『THE MANZAI』の収録を終え爆笑問題から「またテキトーなネタやりやがって」とイジられる

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

11月26日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)。

この日は、おぎやはぎの2人が「THE MANZAI 2021」(フジテレビ系)の収録に参加したことを振り返るトークを披露。

他の出演者たちに言われたことや、ネタ作りの舞台裏について語りました。

スポンサーリンク

「またテキトーなネタやりやがって」 おぎやはぎ、ネタを他の共演者からいじられる

11月26日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)。

この日は、おぎやはぎの2人が「THE MANZAI 2021」(フジテレビ系)の収録に参加したことを振り返るトークを披露。

「曜日も1日だと、人気者が出ますから、スケジュールが合わないから3日ぐらいに分けてやるんですけど」、「俺らの曜日は5組ぐらい、爆笑さん(爆笑問題)いて、サンドウィッチマンがいて」と、収録日を振り返り始めた矢作兼さん。

小木博明さんも、「俺らのあとがサンドウィッチマンで、その後、爆笑さんだよね」と、その日の流れを説明します。

続いて矢作さんが、「一緒にいるじゃない、その前まで」、「そしたら、『また今日、考えてるんですか』って(言われた)」と、サンドウィッチマンにいじられたエピソードを語ります。

サンドウィッチマンは普段からライブでネタをやっていることから、「いいなぁ、(サンドウィッチマンは)ネタ持ってて」と、普段ネタをあまりやらないおぎやはぎだからこその返しをしたそう。

「『緊張しないの?』って言ったら、『いや、やってるネタですから』『それが普通なんですよ』とか言われて」と、サンドウィッチマンにいじられたおぎやはぎ。

更には、おぎやはぎがネタを終えた後には爆笑問題の太田光さんからも「またテキトーなネタやりやがって」と、重ね重ねいじられたことを明かしました。

エピソードの最後には、矢作さんが「ああやってみんなと会うのも楽しいからね」と締めくくり、色々な芸人がネタを披露しあうからこその楽しい現場となったようです。

スポンサーリンク

「リスナーの案を2つ採用」 おぎやはぎのネタ作り舞台裏も

この日、「THE MANZAI」でのエピソードを明かしたおぎやはぎの2人。

その他にも、その時に披露したネタに関する舞台裏トークも見られました。

「(メガネびいきの)リスナーに聞いて、どんな設定がいいかとか」、「こういう小ボケ入れてくれとか。そんなのを募集して、助かりました」と、リスナーへのお礼を語る矢作さん。

小木さんも「色んなのたくさんきて、いいのもたくさんありましたよね」「初めてメールを持って帰った」と、リスナーのメールを参考にしたことを語ります。

そして、「ネタ作って。2つほど採用させていただきました」と、たくさん来たネタ案の中から2つの意見を採用したことを明かした矢作さん。

「見てのお楽しみなのかな、これは。採用された人、ビックリするだろうね」という小木さんに対し、「『今のボケ、俺のだよ!』って友達にLINEするね」と、矢作さんも採用されたリスナーの反応を予想し楽しみます。

「本当に軽くっぽいのとかいうよりは、ちゃんと採用してるよ」「2つ採用しましたね。12月5日放送ですから」と、リスナーにオンエアを見るように促し、トークを締めくくりました。

ネタ案を投稿したリスナーにとっても、おぎやはぎファンの視聴者にとっても、12月5日放送の「THE MANZAI」は見逃せない内容となりそうですね。

(文:Quick Timez編集部)