当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

有吉弘行「泥棒扱いしたことを悔やんでる」亡き父親とのエピソードを語る

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

10月17日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)。

この日の放送では、自身の父親とのエピソードを語った有吉弘行さん。

ある理由から生前の父親を泥棒呼ばわりしたことがあり、公開していることなどを明かしました。

スポンサーリンク

「悔やんでるよね」 生前の父親とのエピソードを語った有吉弘行に、視聴者からも共感の声

10月17日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)。

この日の放送では、「フリマアプリで、森林窃盗罪や食中毒の危険性からきのこの取引の注意喚起をしている」というニュースを取り上げる場面が。

有吉弘行さんは、この「きのこ」というワードから父親とのエピソードを語り始めます。

生前、「父が松茸をどこかから採ってきていた」という有吉さん。

そのことについて「俺はこの世界に入ってからも、親父のことをよく泥棒呼ばわりしていた。」「松茸とか盗んできた、親父は泥棒だって」と、父親を泥棒呼ばわりしてネタにしていたようです。

しかし、父親からは「『誰が泥棒だ!』って怒鳴られた」ことも明かし、「親父が死んでから判明しましたけど、松茸を盗んできていた山って本当におじいちゃんの山だった」と、泥棒呼ばわりが完全に”濡れ衣”であったことを明かしました。

有吉さんはこのことについて、「泥棒扱いしたことを悔やんでるね。自分の山から取ってきてるって思わなかったから」と、後悔していることなどを切なげに語ったようです。

視聴者からも

《誰でも 親に言ってはいけない事を言ってしまった事はあると思う そして後悔する》

《亡くなった後じゃどうしようもできないですものね。後悔しないような教訓になるような話題》

《有吉さんも勘違いに気づいたのなら、お父さんも天国で許してくれていると思う》

など、有吉さんの親子エピソードに共感の声が集まりました。

スポンサーリンク

かなりの破天荒!? 有吉弘行の父親エピソードとは

この日、自身のラジオにて父親への後悔について語った有吉弘行さん。

一方、有吉さんは今までも自身の父親について色々なエピソードを明かしており、その破天荒ぶりは有名なようです。

最も知られているエピソードが、有吉さんの名前に関するもの。

元々「ひろゆき」とするはずが、酔っぱらったまま役所に届出を出したため振り仮名を間違って提出し、有吉さんの名前は「ひろいき」となってしまったようです。

また、「ほとんど家にいたから何の仕事をしていたのか分からない」というほどめったに外に出ることが無かったため、「有吉の父親をみたら幸せになれる」という噂がたつほどの存在に。

その他にも、幽霊を全く信じなかったという有吉さんの父は、「おじいちゃんの墓にハチミツ投げたり、瓶をバーンって当ててたら、お墓にカブトムシが集まった。」、「『な、霊なんかいねぇだろ』って言われた」と、なんとも破天荒なエピソードもあるようです。

このように、かなり独特な存在として知られる有吉さんの父。

有吉さんが芸人として成功しているルーツも、このユニークな父親の影響があるのかもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)