当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

『水ダウ』、ハマコーを「クソジジィ」と強烈にイジり倒す有吉弘行に絶賛の声「毒舌のキレがすごい」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事

3月2日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBSテレビ系)。

この日の放送では、「芸人が一番スゴいと思ったコメント調査 第2弾」という企画が特集。

名前が挙がった芸人の一人として、有吉弘行さんのキレのある毒舌が話題となったようです。

スポンサーリンク

あの政界の暴れん坊と壮絶バトル!? 有吉弘行のキレのあるコメントとは

3月2日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBSテレビ系)。

この日の放送では、「芸人が一番スゴいと思ったコメント調査 第2弾」という企画が特集され、数名の芸人が記憶に残ったキレのあるコメントを紹介。

かまいたちやさらば青春の光・森田哲矢さんなどが有名芸人たちの数々の名コメントについて語っていくなか、平成ノブシコブシ・吉村崇さんもインタビューに登場します。

そんな吉村さんが名前を挙げたのが、現在数多くの番組でMCとしても活躍している有吉弘行さん。

今から約13年前にTBSテレビ系で放送されていた「悪魔の契約にサイン」という番組で、有吉さんが政界の暴れん坊・ハマコーこと浜田幸一さんとのロケについて、吉村さんが詳細を語り始めます。

「コメントというか全部を通して凄かった」「あんなに攻めたロケ、今じゃできない。俺じゃできないもん」と凄さを語り始めた吉村さんのコメントと共に、当時のVTRの映像が。

番組のアンケートに協力を求めるためにハマコーさんの元に突撃した有吉さんですが、「テレビなんか連れてくるんじゃないよ、バカ!」と厳しく跳ねのけようとするハマコーさんに、有吉さんは負けじと「バカはそっちでしょ!」「なんだ、ジジィ おい!」と応酬。

怒って有吉さんに掴みかかり急いで車に乗ろうとするハマコーさんですが、それは有吉さん用のロケ車だったようで「それ、僕の車です」「ボケたんじゃないですか?」と、有吉さんの毒舌が止まりません。

更にはハマコーさんの事務所にも押しかけ、「クソジジィはひどすぎるよ」と注意を受ける有吉さんですが、「クソジジィではないですよね、ジジィで」といじったり、「母の肩を揉みに天国に行きたい」とアンケートに回答するハマコーさんに、「浜田さんは無理でしょ、(地獄行きが)当然でしょ」と語るなど、終始キレのあるトークバトルを繰り広げた有吉さんでした。

スポンサーリンク

視聴者も感動!?有吉弘行のキレのある毒舌伝説とは

この日「水曜日のダウンタウン」にて、かつてのキレのあるトークバトルの様子が放送された有吉弘行さん。

見ていた視聴者からも

《有吉さんとハマコーさんのやり取りヤバい面白すぎた》

《有吉さん、めっちゃ面白い。 過去のVTRなのにお腹痛くなるほど笑った。 有吉さんMCよりも突撃系の才能あると思う》

《有吉さんがキレッキレの時最高だったな… 》

《当時の毒舌有吉、改めて見ると、切れ味が凄まじいなw》

など、有吉さんとハマコーさんのトークバトルを楽しむ声や有吉さんのキレのある毒舌に改めて感動する声などが集まり、SNS上ではトレンド入りするほどの話題となりました。

そんな有吉さんは現在はすっかり名MCとして定着していますが、VTRが放送された10年ほど前はかなりの毒舌キャラとして活躍。

最も有吉さんの毒舌を広めたきっかけとなったのが、2007年放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で品川庄司・品川祐さんに言い放った「おしゃべりクソ野郎」というあだ名です。

その後、様々な芸能人に強烈なあだ名をつけたり毒舌コメントを連発するようになり、今の地位を確立していきました。

現在は番組をまわす側としてあまり毒舌キャラの一面が見られない有吉さんですが、その当時の有吉さんを待ち望んでいる視聴者も多いようですね。

(文:Quick Timez編集部)