当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

鈴木奈々、占い番組での結果に突然の号泣&嗚咽し波紋…占い師には批判の声も

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

25日に放送された「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」(フジテレビ系列)。

今月4日に休養を発表したタレントの鈴木奈々さんが出演しました。

収録は休養を発表する前の7月だったためオンエアとなりましたが、いつもテレビで見られる元気印の鈴木さんとは違い、思いつめた様子から嗚咽してしまうなど、ただ事ではない様子に視聴者の間で波紋が広がっています。

一体、鈴木さんはどのような姿だったのでしょうか。

スポンサーリンク

鈴木奈々、占い師から「子ども授かる」との予言に嗚咽を漏らし視聴者憤慨

今月4日に休養を発表したタレントの鈴木奈々さんが出演しました。

「最近、考えすぎて眠れない」、「救ってほしい」、「このままの私でいいのか悩んでいる」と真剣な表情で占い師に今の切実な思いを吐露した鈴木さん。

仕事がここ数年、徐々に減ってきたようで先行きに不安があるのか、仕事運について聞きますが、占い師は「聡明なお子さんを授かります」、「その子とともに運気が上がる。人生が変わる」とズバリ予言。

鈴木さんは言葉が出ない様子で突然、嗚咽し涙を流すなど尋常ならざる様子。

やっとの思いで前のめりになり声を振り絞るようにして「私、子ども出来ますか?」と聞くと占い師は「確かにあなたは子どもが出来にくい」とあわてて補足を入れ、視聴者からは

《こんな予言して仮に子供授からなかったらショックでかいだろうに》

《33歳という年齢の女性に「子供授かるよ」って言っちゃう占い師も何かなぁ…って思ってしまう》

《本気で悩んでいる人や困っている人に対して、軽々しく他人の人生に口を挟む占い師は、本当に消えてほしい》

など、無責任極まりない言動に憤慨し怒りを覚える視聴者からの書き込みが殺到しました。

スポンサーリンク

休養中の鈴木奈々を応援する声が殺到

現在、33歳を迎えた鈴木さん。

元々、モデルの益若つばささんの大ファンで追っかけしていた所をスカウトされ業界入りを果たします。

すぐに「Popteen」(角川春樹事務所)で単独企画の特集が組まれるなど、元気キャラクターとして誌面の盛り上げに一役買うなど10代後半から20代前半は同誌で大活躍。

その後、地上波のテレビ番組への露出が増え、天然ボケや「本物のお馬鹿タレント」としてブレイク。

天真爛漫なキャラクターを武器に、時には体を張り全力で笑いをとっていた鈴木さんですが、この頃はテレビでの露出は控えめとなりインスタグラムで下着姿をアップするなど活躍の場が少しずつ変化してきた印象です。

2014年1月に兼ねてより交際していた一般男性との結婚を発表後は、夫婦仲については、日々の小さな衝突や子どもが欲しいことなどについても隠す事なく聞かれるままに何でも答える姿勢に、心配される事もしばしば。

33歳というと子どもが欲しい夫婦にとり、その年齢から本当に授かれるのか不安を感じる年齢でもあります。

また、仕事については続けていきたくても妊娠・出産を考えると今一歩、数年先の計画を立てづらいなど、仕事に対する意欲への障害がないわけではありません。

今回、同番組では終始、疲労の色が伺えた鈴木さんには、視聴者から

《ちょっと疲れたんだな、長い人生休んでもいい時があるよ。》

《無理せず自分のペースで生きてください!》

《元気に戻ってきますように》

など、応援の声が殺到。

今は何も考えずにゆっくりして、また元気な姿をテレビで見られる日を楽しみにしています。

(文:Quick Timez編集部)