当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

馬淵優佳「温かい言葉で応援してほしい」オリンピック選手に相次ぐ誹謗中傷の声にチクリ

スポンサーリンク
スポーツ選手

画像:時事

先週金曜日についに開催日を迎えた東京オリンピック。

早くも5人の金メダリストが誕生するなど各競技で選手が活躍する中、金メダル候補だった競泳・瀬戸大也選手が400メートル個人メドレーでまさかの「予選落ち」という結果に。

すると、この瀬戸選手の結果について妻で元飛び込み選手の馬淵優佳さんが26日の「スッキリ」(日本テレビ系)でコメントを発信しました。

スポンサーリンク

馬淵優佳、夫・瀬戸大也の予選敗退を解説「ズレあった」

26日、先週金曜日に開幕した東京オリンピックの競技結果を伝えた「スッキリ」(日本テレビ系)で、コメンテーターとして出演した元飛び込み選手の馬淵優佳さんが夫・瀬戸大也選手の結果についてコメントを発信しました。

オリンピック開会式を迎えた翌日に行われた競泳競技。

2019年の世界水泳選手権でトップに立ち、金メダル候補の一角として400メートル個人メドレーに瀬戸選手が登場しました。

しかし結果は9位に沈み、まさかの予選落ち。

「自分でも信じられない」と驚きを隠せなかった瀬戸選手に対し、馬淵さんは「ギリギリまで高地トレーニングに行ってたということで、感覚のズレというのはどうしてもあったんじゃないか」と、疲労感とレース間隔の差を指摘。

また、馬淵さんはレース後に瀬戸選手から電話があったこと明かし「レースプランを誤ってしまった」と瀬戸選手自身も後悔していることを明らかに。

そして、「リオでは予選で力を出し過ぎてしまって銅メダルだった。それを踏まえての今回のレースプランだった」と夫をフォローしました。

スポンサーリンク

「批判より馬淵優佳を褒めてよ」誹謗中傷への批判に支持集まる

夫・瀬戸大也選手の予選敗退について、「レースプランを誤った」と解説した馬淵優佳さん。

その後、馬淵さんはレース後にネット上で相次いだ瀬戸選手への誹謗中傷にも言及しました。

馬淵さんは「オリンピックに出られること自体がすごいこと」と切り出すと、「あの舞台で戦っている選手たちというのは、絶対的に全力でやっているので、金メダルが取れなかったからといって、心無い言葉を言う人も中にはいらっしゃるんですよね」と選手に浴びせられている誹謗中傷の声の存在を指摘。

そして、「今回、オリンピックは無観客ということで直接選手たちに応援が届かない分、SNSの言葉が今回すごく強く選手たちに届くと思うんですよ」とすると、「まだまだこれからたくさんの選手が戦っていくと思うので、温かい言葉で選手たちを応援してほしい」と視聴者に向かって「お願い」を口にしました。

すると、馬淵さんの言葉に多くの視聴者が反応。

《瀬戸大也を批判するよりも馬淵優佳を褒めてよ。支えてんだぜ?あの旦那を。》

《不倫はいけないことだけど家族の問題だし、奥さんがこう言ってるのであれば、とりあえず残りの競技は応援してあげようよ》

《瀬戸大也の予選落ちにイラっとした一人です。馬淵さんの言葉を聞いて恥ずかしくなった。》

などと、馬淵さんの言葉を支持する声が相次ぎました。

昨年に不倫報道が報じられ、その影響か劣勢に立たされている瀬戸選手。

馬淵さんの献身的なサポートを無駄にしないためにも、今日行われる200メートルバタフライ予選では圧倒的なパフォーマンスを見せてほしいものです。

(文:有馬翔平)