当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

永野芽郁の新境地にネットざわつく!叫んで飛んで大暴れの姿に「新境地だね」「今までのイメージと違う」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事

今秋全国ロードショーされる永野芽郁主演映画『マイ・ブロークン・マリコ』の特報映像が公開されました。

同作のヒロインは女優の永野芽郁さん。

永野さんがタバコをふかしたかと思えば、叫んでベランダから飛び降りるなど、新境地のビジュアルに期待を寄せている書き込みが殺到しています。

スポンサーリンク

永野芽郁の新境地にネットざわつく「今までのイメージと違う」

今秋全国ロードショーされる永野芽郁主演映画『マイ・ブロークン・マリコ』の特報映像が公開されました。

本作は、2019年に無料WEBコミック誌『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載(全4回)され、翌年出版された単行本(全1巻)は即重版が決定するなど、平庫ワカの同名人気コミックを実写映画化したもの。

同作のヒロインに、女優の永野芽郁さんが起用されました。

公開された特報映像では、永野さん演じるシイノトモヨは鬱屈した日々を送るOLで、テレビのニュースで親友のイカガワマリコの訃報を目にします。

学生時代から父親に虐待を受けていたマリコのために何かできることはないか考えたシイノは、マリコの魂を救うために、その遺骨を奪うことを決心し、ふかしていたタバコを靴でもみ消し絶叫。

「あんたにはあたしがいたでしょーが!」と叫び、マリコの実家を突撃します。

そして父親に包丁を突きつけながら「マリコの遺骨は私が連れて行く」と、ベランダから飛び降り走り出すというもの。

ロックなサウンドをBGMに黄色の文字で「勝手に逝った、あんたのために」とのキャッチコピーが出て、主演の永野さんの名前が大きな字で載っています。

否が応でも盛り上がってしまう映像に、ネットには

《永野芽郁ちゃん新境地だね》

《めいちゃん演技の幅広くてすごいなあ、、楽しみすぎる!!》

《芽郁ちゃんカッコいい!!今までのイメージと違ってギャップ萌え》

など、新たな一面を大いに待ち望む声が寄せられました。

スポンサーリンク

永野芽郁、清純派を封印して暴れまくる!

本作は「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞およびメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞し、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインするなど、原作がとても注目されており、原作のイメージに忠実であるという書き込みも多く寄せられました。

タナダユキ監督は永野さんについて「シイノの衝動を、シイノの感情を、無様さを晒せる最高に格好いいシイノという一人の人間のデコボコとした魅力を、余すところなく表現できると感じた」と、従来のイメージとは一線を画し、永野さんの新境地を引き出したよう。

永野さんというと、子役時代のあどけなさがとても可愛らしかったですが、その後はモデルとしても活躍しており、多くのファッション誌の専属モデルを努めました。

その後、第13代目カルピスウォーターのCMキャラクターを務めたり、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』ではヒロイン役をオーディションで掴み取るなど清純派のイメージをそのままに突き進んでいた永野さん。

しかし、本作では泥臭く人間味溢れるシイノを体当たりで演じ、「自分の中でも大きな挑戦」ととらえた一作のようです。

清純派を一切封印し、今までにない永野さんの暴れぶりには期待せずにいられないですね。

(文:Quick Timez編集部)