当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

『アウトデラックス』、Mカップグラドル・ももせももが「奇形」と言われた衝撃の過去を暴露

スポンサーリンク
アイドル

(※画像はイメージです)

16日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系列)。

Mカップという驚異のバストの持ち主であるグラビアアイドル・ももせももさんが出演。

一度見たら忘れられない程、インパクトがあるバストだけに「奇形」などと言われた過去を明かしました。

視聴者らがもらい泣きをしてしまうほどの壮絶エピソードに、応援の声が続々と寄せられています。

一体、どのような放送内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

『アウト×デラックス』、Mカップ・ももせももの壮絶エピソードに視聴者もらい泣き

16日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系列)。

Mカップという驚異の胸の持ち主であるグラビアアイドル・ももせももさんが出演。

一度見たら忘れられない程のインパクトがあるだけに「奇形」などと言われた過去を明かしました。

ももせさんは、以前も同番組に「全く顔が覚えてもらえないグラビアアイドル」として出演していますが、今回は女性アイドルグループ・元AKB48の木下百花さんの古民家改造に助っ人として登場。

リフォームを手伝い、夜にはお互いをもっと深く知るため、お題に対してそれぞれの意見をぶつけ合います。

その中で「アンチのコメントを気にする?」という質問が出て、ももせさんはデビュー当初に悪目立ちをして男性からも女性からも「奇形」とキツい言葉を受けた事を明かします。

スタジオにいるMCのマツコ・デラックスさんや、ももせさんの周りは一様に「ひどすぎる」などの言葉で苦悶の表情。

ももせさんは当時のツラい心境が蘇ったのか、時おり涙で声を詰まらせながら「アウトに出てポジティブな言葉をもらえるようになってからは女性ファンも増えて、女性にも認められるんだと元気になれた。今は100人のファンがいるから1人のアンチの声が大きく聞こえるのはなくなった」と、アンチの声は気にならないと前向きに話します。

木下さんはツラい思いをしたももせさんの心に寄り添い、もらい泣きをしてしまいます。

視聴者らも同様だったようで、

《ももせさんの涙の意味が、深い…これからも応援してます!》

《アウトデラックスつけ流してたら、なんか感動して泣いてモータ。なんか、ももせさんのこと応援したくなる》

《ももせももちゃん、アンチコメから知って、え!?めっちゃ好きなんだけどアウトデラックスマジ泣いた。 私があなたを知れたのはアンチのおかげだよ。アンチざまあだな!ももせちゃんのファン増やしてるからな!お前!笑》

《アウトデラックスでももせももさんにもらい泣き… 凄く魅力的な方なのに悪口書くの意味分かんない。》

《ももせさん奇形って言われてたんだ… 辛かったんだろうな… でも、ももせさんの全てがすてきだと自分は思います!》

など、一人では抱えきれないほどの悲しいエピソードにもらい泣きして、これからのももせさんを応援する声でネットは埋め尽くされました。

スポンサーリンク

学生時代は「タブー扱い」それでも日々が輝くようになった現在

『アウト×デラックス』に出演し、MCのマツコ・デラックスさんからは「神々しい」、ナインティナインの矢部浩之さんからは「平和の象徴」と言ってもらえたことで、そういう捉え方もあるんだ…と、ポジティブな気持ちになったももせさんですが、それまでは壮絶な戦いの連続だったと言います。

学生のころはももせさんのバストについては「タブー扱い」だったようで、同級生から直接からかわれたり…という記憶はほとんどないものの、銭湯や温泉など不特定多数のいる場所へ赴くと、知らない人から「なにあれ…?」「気持ち悪い」という声が聞こえてくることがしょっちゅうだったインタビューで語ったことのあるももせさん。

最初は傷ついたようですが、あまりにもそういった心ない言葉をかけられすぎ、その内に感覚が麻痺して何を言われても心に届かなくなってしまったそう。

人の視線が気になりバストを隠しながら生活している時にスカウトされ、グラビアアイドルとしてデビュー。

「大きすぎる胸」ということで、「セクシーな対象」として見られるのはもちろんですが、女性からは「嫌味のない巨乳」として受け止めてもらえるももせさん。

奇異の目で見られる事が多かったのですが、グラビア活動を始め同番組で自身のバストに対する違った視点を発見し、前向きになれた事はとても素晴らしいことです。

ももせさんのツラい心情を我が事のように捉えてくれた共演者もいたように、ももせさんにはアンチの存在以上に心強いファンがたくさんいます。

これからももせさんの歩む道が、少しでも光り輝くものであってほしいと思える放送回でした。

(文:Quick Timez編集部)

▼ももせさん