当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

TBS田村真子アナ、極寒での長時間ロケに視聴者から心配の声「めっちゃ可哀想」

スポンサーリンク
アナウンサー

(※画像はイメージです)

17日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)。

夜中1時半から開始した極寒の中でのロケにアナウンサーとして参加した田村真子アナ。

氷点下12度の中、クイズを出題し続けた田村アナに同情と称賛の声が上がりました。

一体、どのような放送内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

TBS・田村真子アナ、「水ダウ」での極寒クイズに同情の声

17日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)。

夜中1時半から開始した極寒の中でのロケにアナウンサーとして参加した、同局の田村真子アナ。

人気のクイズ番組「東大王」とのコラボ企画が実現。

夜中1時半から氷点下12度と凍える寒さの中、お笑い芸人とクイズでは負けなしの東大生全員がギブアップするまでクイズを出題し続けた田村アナ。

田村アナはしっかりと防寒着で対策しているものの、出場者らは半袖だったため、あまりの寒さに次々とリタイア。

開始から2時間25分経過してもギブアップしない安田大サーカスの団長安田だけは、なぜか元気いっぱい。

リタイアした参加者が暖房のいるロッジにいる中、田村アナは一人だけ団長安田に付き合い問題を読み上げます。

間もなく明け方4時を迎える時間帯にも関わらず、疲れた表情は一切見せることなく、かまずに問題を読み上げる姿に、視聴者からは

《水ダウ、田村アナめっちゃ可哀想》

《田村アナ、スタッフは防寒対策をシッカリと行っていたとはいえ、1ヶ所に立ち続けること自体だって苦痛なのに、それを雪山でやってたんだもんな…。》

《田村アナウンサーの頑張りが一番目立っていました。》

《スキー場と開始時間から、どの社員にやってもらうかをどうやって決めるのだろうか。》

《極寒の中、付き合わされた田村アナもよく耐えた》

など、同情と称賛の声が多数寄せられました。

スポンサーリンク

インスタにはもふもふフードを被ったドアップ写真「凄く寒かった」

放送日から遡る事3日前の14日、自身のインスタグラムを更新した田村アナ。

もふもふフードのドアップ写真を投稿しました。

口を結び、大きな目で前を見据えるポートレート。

大きなフードをかぶっており、寒そうな雰囲気をそこかしこに醸し出しています。

「ドアップを失礼します」と書き始め、「ある番組のプロモーション用に撮ってもらったこの写真。もふもふフードを被っているこの微妙な笑顔、すごく寒かったんです。顔の筋肉がこわばるほどに 『もっと楽しそうに!』と撮影時言われた気が…笑」と説明。

「そして、もうひとつの雪国ロケ、、3/17水曜に放送の水曜日のダウンタウンでまた雪山に行ってきました笑 今回は東大王とのコラボ企画で極寒クイズの進行をしております! こちらもぜひ 雪国お仕事2本のご報告でした!」と結んだ田村アナ。

ファンからは「美しい」「可愛い~」「ドアップでも余裕」「凄く綺麗だと思います」「別人かと思いました!」「雪ん子可愛い」など大反響となりました。

今回の雪山で想像を絶する寒さだった事が予想される中、音を上げる事なく女っぷりを上げた田村アナ。

またテレビ越しにその美しい笑顔を拝見したいものです。

(文:Quick Timez編集部)

▼田村アナの雪国での様子

この投稿をInstagramで見る

田村真子(@tamuramako_)がシェアした投稿