明日花キララ、モノマネで整形を揶揄され悲痛の叫び「深く傷付きました」

文:Quick Timez 編集部
タレント
スポンサーリンク

(※画像はイメージです)

・元セクシー女優で現在はタレントやYouTuberとして活動している明日花キララさんが、11月18日に自身のTwitterを更新。

・現在話題になっているモノマネ騒動に関してツイートし、ファンからは励ましの声が集まっています。

スポンサーリンク

モノマネ騒動に明日花キララがコメント ファンからは擁護の声が

11月18日、明日花キララさんが自身のTwitterを更新。

先日話題になった、登録者数18万人越えのYouTuber・ちくわさんのモノマネ動画に関して、心境を吐露しました。

「話題になっている件について まずは無許可で【モノマネ】明日花キララと題し、整形についての過剰な表現をされてとても悲しいしショックを受けました。これに対し私もおとなげない返答をしてしまったことに関しては申し訳なかったと思ってます。ただ私の容姿で笑いや数字を取っているのは深く傷付きました」

これに対し、コメント欄にはファンから

《相手が誰であれ、他人の実名を使って容姿をディスるとか、揶揄した表現をするとか、あり得ないですよね。変わらず応援してます!》

《キララちゃんは何も悪くないと思うし、キララちゃんには勝ってほしい。応援してます!》

《負けずに頑張ってください!》

など、励ましのコメントが多数寄せられています。

スポンサーリンク

明日花キララVSちくわ モノマネ騒動の一連の流れ

先日ネット上で話題になった、明日花キララさんとYouTuberのちくわさんによるモノマネ騒動。

ことの発端は11月14日、ちくわさんが自身のYouTubeチャンネルに、「【モノマネ】明日花キララ」と実名を表記したうえで、鼻や顎に紙工作をほどこし、整形を揶揄した動画を公開しました。

これに対し明日花さんがTwitterにて反応。

「モノマネしてくれてありがとう そっくりーー!!だけど、あなたはお顔の毛穴がたくさん開いてて肌が汚いところが私と似てないかな 惜しい」と応戦する姿勢を示しました。

その裏で、明日花さんのマネジメント会社が、ちくわさんに対し動画の削除を要請。

また明日花さん自身もちくわさんの容姿を蔑むツイートを削除し、法的措置も辞さないという趣旨の内容をツイート。

これを受け、ちくわさんは動画にて、「冗談とはいえ、やりすぎた動画の内容でした。人の気持ちを考えずに動画を上げてしまいました。誠に申し訳ありませんでした」と、涙ながらに謝罪しますが、その3時間後、ちくわさんのYouTubeチャンネルに上がったのは「【コント】冗談通じない女」という動画。

明日花さんのモノマネを揶揄した時と同様に、鼻や顎に紙工作を貼りつけた姿で、明日花さんを再び揶揄する内容の動画を投稿したのです。

これを受けて明日花さんは、「まずは無許可で【モノマネ】明日花キララと題し、整形についての過剰な表現をされてとても悲しいしショックを受けました。これに対し私もおとなげない返答をしてしまったことに関しては申し訳なかったと思ってます。ただ私の容姿で笑いや数字を取っているのは深く傷付きました」とツイート。

この直後にちくわさんもTwitterを更新し、「今回の件の動画は全て非公開にさせて頂きました。ネタ動画とは言え、やり過ぎた内容でした。明日花キララ様だけでなく、明日花キララ様のファンの皆様、関係者の皆様を傷つけるような動画の内容でした。誠に申し訳ございませんでした」と、再度謝罪をしたのでした。

果たして本当に解決したのでしょうか。

明日花さん側の心境が気になるところです。

(文:Quick Timez編集部)