当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

工藤静香、『スッキリ』出演でSNSが大荒れ状態に「シャシャリ出るな」との辛らつな声も

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

昨日、中島みゆきさんの楽曲をカバーしたアルバム「青い炎」をリリースしたタレント・工藤静香さん。

11日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に登場すると、過去たくさんの楽曲提供を受けた中島みゆきさんとの思い出に加えて、芸能界デビューした娘の育て方について言及しました。

スポンサーリンク

工藤静香、次女・kokiらの子育て論を明かす

11日、昨日にシンガーソングライター・中島みゆきさんの楽曲をカバーしたアルバム「青い炎」をリリースしたタレント・工藤静香さんが「スッキリ」(日本テレビ系)に登場。

ハリセンボン・近藤春菜さんとの対談の中で、芸能界で活躍する娘らの子育て論を披露しました。

80年代から90年代にかけてアイドル界の最前線を駆け抜けた工藤さん。

現役アイドル時代には中島さんから23曲もの楽曲提供を受け、時は対談を行うなど親密な関係を築いてきました。

この日、「スッキリ」に登場した工藤さんは中島さんとの思い出のほか、モデルとして活躍する次女・kokiさんらの育て方について「意識してたこと…個人の気持ちを尊重したいとはずっと思ってた。『あっちとこっち、どっち行きたい』とか。私が行くのではなく決めてもらってました」と、子供らの意見を一番尊重していたことを明らかに。

「『こっちの方が近いから行く』と選択したならば、ちょっとサポートしてあげれば行けるじゃないですか」と、あくまでもサポートすることを徹底したとコメントしたのでした。

母である工藤さんから愛情を受けて育ったkokiさんは現在、母の体調を気遣うようで「朝ごはんは次女(kokiさん)が用意してくれたりするんです」、「私が朝ご飯をスキップすることをわかっているので、勝手に置いといてくれたりする」と、次女の優しさを工藤さんは笑顔で語りました。

スポンサーリンク

工藤静香の登場に「ステキ」、「しゃしゃり出るな」

近藤春菜さんとの対談で、芸能界で活躍する娘たちの育て方を明かした工藤静香さん。

子供の意見を尊重するという育て方のほか、過去の映像などを目にした番組の視聴者からは、

「工藤静香さん、昔と変わらないなあ。こんなにスリムなのに歌うとめっちゃ声出ててカッコイイ。カッコイイ人って、信念がしっかりしてるし、自分をしっかり持ってるなあと思う」

「工藤静香が『スッキリ』に出てて嬉しくなった。なんか叩かれた時もあったけど、ちゃんといい顔してた。幸せなんだろうね。中島みゆきさんのカバーアルバムも心地よかった。欲しい」

「スッキリに工藤静香さん。当時の映像がたっぷりで嬉しい!。あのころ、カラオケを歌いまくったし、髪型もみんなあんなんだったよ。しかしこの歌の上手さ…」

などと、今回の対談を喜ぶ声が上がりました。

しかしその一方、工藤さんの出演に対し快く思わない視聴者の姿も、

「なんかね、どうしても工藤静香は好きになれないので珍しく『スッキリ』消しました。世代だから歌は歌えるけどね。特にキムタクのファンでもないのになんでダメなんだろう…喋り方かな?顔かな?」

「誰が工藤静香に憧れてんの?」

「本当に嵐を起こしてすべてを破壊していく工藤静香」

「こんなの映していいレベルなん?オワコンなのになんで出てくる、ジャニ嫁なんだからシャシャリ出るなよ」

「スッキリの進行が謎?震災の話から工藤静香の顔面アップは辛い!中島みゆきさんのカバーアルバム出した宣伝だけど、中島みゆきさんの歌のままで良くない?」

などと厳しい声が。

過去、木村拓哉さんとの結婚などでいまだに根強く反発する層を持つ工藤さん。

「スッキリ」の出演によって、層が二極化していることが浮き彫りになってしまったようです。

(文:有馬翔平)