当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

羽鳥慎一、田崎史郎の解説に嫌味タップリの一言…視聴者「やるじゃん」「羽鳥さんナイス」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

先月、国会で議論が頻出した菅義偉首相の長男による総務省高級官僚らへの接待問題。

同様に接待を受けていた菅首相の側近、山田真貴子内閣広報官が体調を崩して入院していた速報を1日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が伝えました。

スポンサーリンク

羽鳥慎一、田崎史郎へ耳の痛い嫌味をチクリ

先月週刊誌によって報道された菅義偉首相の長男による総務省高級官僚接待問題を取り上げた、1日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。

接待を受けた一人である山田真貴子内閣広報官が入院した速報を解説する田崎史郎氏に、番組MCの羽鳥慎一アナウンサーは異議を唱えるシーンが。

先週、国会に登場し野党議員の質疑を受けた山田広報官。

この日、放送中に山田広報官が入院したという速報が飛び込んでくると田崎氏は「本人の判断で入院して、退かれる場合もご本人の判断が最重要になると思います」と、解説を行いました。

すると、田崎氏の解説に疑問を抱いた視聴者から「田崎さんに質問です」と一通のメールが送られてくることに。

「自ら入院とはどういうことですか?」、「偉い人は病院にも顔が効くということですか?」、「病院はまだひっ迫しているのではないでしょうか?」と視聴者から矢継ぎ早に耳の痛い質問を受けた田崎氏は「それを言われると僕も困るんですけども…」苦笑。

そして、山田広報官が入院した背景を「たぶん病院はかかりつけの病院があるんだと思いますよ」、「2回手術されているんで、その関係も会って入院しやすかったんじゃないんですかね」と推測を述べました。

この田崎氏の解説に「なるほど」と頷いた羽鳥アナ。

しかし、「きっちりお答えいただきましたけど、おそらくそういうことではなくて、『ふーん』ということなんだと思いますよ」と、田崎氏の解説が的外れであることを指摘。

そして「世の中の声ということで『なんでそういうことができちゃうの?』ということなんだと思います」と、羽鳥アナが視聴者の意見を代弁したのでした。

スポンサーリンク

羽鳥アナ、視聴者の声代弁に「やるじゃん」

山田真貴子内閣広報官の入院報道に際し、田崎史郎氏が「本人の判断で入院した」と解説を行った1日の「羽鳥慎一モーニングショー」。

田崎氏の解説に、番組を観ていた視聴者は、

「辞任はええとしても入院?入院は本人の判断じゃなくて、医師の判断で入院せざるを得ないってことではなかったのかね?」

「そこは医師の判断じゃないんかい!」

「本人の判断で入院ってどういうこと??そんな簡単に入院できるってこと?」

と、猛反発。

そのため反発の中で届い視聴者からの意見に、さらに視聴者の真意を代弁した羽鳥アナの行動にはたくさんの称賛が。

「やるじゃん。いうじゃん。いいじゃん。羽鳥さん」

「自主的に入院できるんですか。ふーーーん。羽鳥さん、ありがとう」

「羽鳥アナの全てを代弁してくれた!それだよ、なんでこの時期に本人の判断で入院できるのかってことだよ!田崎さん、かかりつけとか聞きたいんじゃないんだよ!!」

「ほんと『ふーーん』だよ!なんで入院ができるのか、知りたいのはその裏側ですよ。それにしても視聴者の方の指摘が鋭い」

「羽鳥さんナイス!田崎史郎は自分も特権階級側だからなのか、質問の意図が全然汲めてないよね」

「そうそう。都合よく入院できる人間がいるのに、流行り病で入院できない人間がいる。この差別的なところをしりたいんだよ。かかりつけなんか知らん」

と、反響が集まりました。

不自然な入院報道に多くの疑問が寄せられた「羽鳥慎一モーニングショー」。

しかし羽鳥アナの一言で多くの視聴者が溜飲を下げる結果となったようです。

(文:有馬翔平)