当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

坂上忍のカンニング竹山イジメに視聴者ドン引き…「さっさとやめてくれ」と大炎上

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

今月、韓国女子バレーボール代表選手であるイ・ジェヨン氏、イ・ダヨン氏姉妹が過去イジメ行為を行っていたことが発覚し代表選手を追放される事態になったことを17日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)が特集。

両氏がイジメの事実を認め謝罪したものの批判が続いていることに、出演者らの間で議論が噴出する事態に。

すると番組MCの坂上忍さんが取った行動に、視聴者から「不愉快すぎる」と批判が巻き起こっています。

スポンサーリンク

坂上忍、カンニング竹山を追い詰める

17日、韓国女子バレーボール代表選手であるイ・ジェヨン氏、イ・ダヨン氏姉妹が過去行っていたイジメ行為が発覚して物議をかもしていることを取り上げた「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、出演者らの間で議論が交わされました。

およそ10年前当時のチームメイトに対して金銭を巻き上げたり、ナイフで脅したりというイジメを行っていたジェヨン氏、ダヨン氏。

今月に入り被害者からイジメを告発されると代表選手から追放、さらには世論からも猛烈バッシングにさらされ韓国バレーボール界からの永久追放論が巻き起こったのでした。

隣国で起きている騒動にカンニング・竹山隆範さんは「イジメを受けた方は一生悔しくて、イヤな思いをしていますから」、「学生時代のイジメと言えども、イジメたら一生罪だぞということをわからせるために僕はアリだと思う」と世論の反発に理解をしました。

そして番組MCの坂上忍さんから「10年前でも?」と問いかけられるも、「10年前、20年前とか関係ねえから。悔しくてたまんないはずだから」と声を荒げたのでした。

ただその後、両氏がSNSを通してイジメを認め「一生反省しながら生きていきます」と反省の言葉が出されたことが取り上げられると、イジメ加害者側を「許すべき」という主張が飛び交い始めることに。

「今も状況が変わってないならダメだけど、ちゃんとした人になっていて本人にも謝罪したのなら、まあいいと思う」というおぎやはぎ・矢作兼さんや、「中学の時にイジメとかありましたけど、何年後かに改めてすごくいい人になっている人も多いんです」と自身の経験を持ちだしたおぎやはぎ・小木博明さんの意見に竹山さんは正面から衝突。

その後、火花を散らし「加害者は10年でも謝罪すべきか」ということに議論が進むと、竹山さんは「謝罪すべき」、小木さんらは「誠意を込めて謝ることはできない」とぶつかる中、坂上さんは小木さんらの肩を持ち始めたのでした。

「竹山くんは十年後でも謝ってくれるんだって、でも『10年前にイジメられました謝ってください』と言われても心からの謝罪にはならない」、「でも竹山くんは土下座までしてくれるんだって」と自ら先頭に立って竹山さんの意見を批判し始めると、竹山さんが限界を迎え「この3人が俺をイジメてる変なことになってるじゃねえか!」と反論しスタジオは笑いに包まれました。

スポンサーリンク

カンニング竹山イジリに「イラっとしたからチャンネル替えた」

竹山隆範さんの持論に、出演者3人で反論した坂上忍さん。

結局、放送時間内では結論を下すことができず平行線をたどることになりましたが、番組を観ていた視聴者は坂上さんの「竹山イジリ」に激怒。

「度が過ぎている。イジメの話題からイジメしててしょうもなって思った」

「竹山はイジメはいつまで経っても許されるものではないって言ってるんだろ。なんで坂上はそれを認めないわけ?」

「何この正論言った人をボロクソに叩く様子…イラっとしたからチャンネル替えた」

「おぎやはぎの2人に同意を求めるあたりイジメっこのそれだよなあ?」

「坂上にそもそもイジメを語る資格なんてないだろ。この間まで森さんを散々イジメてたのに」

「森会長が『撤回します』っていったのに、ずーっと追い回してのはどこの誰だっけ?」

「こんな不愉快な司会者いらねーよ。さっさとやめてくれよ頼むから」

などと批判が殺到したました。

1対3という構図を作り出した坂上さん。

しかし、1人の人間を寄ってたかって追い詰めるその姿に視聴者は「イジメ」と感じたようです。

(文:有馬翔平)