当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

坂上忍、『バイキング』でのアリエナイ一言に「公共の電波を使わせるな」と批判殺到

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

今月初め、相次ぐ失言で国内外からの批判招いた森喜朗氏について、批判する側にも問題があると指摘が増加してきていることを扱った15日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

森氏がJOCの臨時評議会で発言した内容の「全文を読むべき」という批判に、番組MCの坂上忍さんがコメントを述べました。

スポンサーリンク

坂上忍「意見言っちゃいけないの?」ネットリンチへ首を傾げる

15日、先週相次いだ失言によって国内外から非難が高まり東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長職を辞任した森喜朗氏を特集した「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

相次いだ批判に「森氏の発言全文を読むべき」と意見が上がっていることに対して、番組MCの坂上忍さんがコメントを述べました。

今月の初めに公の場で「女性は競争意識が強い」と発言したことで女性蔑視との批判を招いた森氏。

批判によって先週末に会長職を辞任することを決意しましたが、「老人が悪いかのような表現をされるのは不愉快」などと最後まで森節を貫きました。

すると森氏への反発が高まっていたその裏では、批判に対する「批判」が噴出。

問題とされた森氏の失言は「国際的に場数を踏まれた方ばかりで、ですからお話を的を射たそういうご発言された方ばかりです」などと本来の意図とは異なるとして指摘が殺到。

EXIT・兼近大樹さんもネット配信番組内で警鐘を鳴らす事態に発展したのでした。

この切り取り報道とする声に対して、出演者らと議論を交わした同番組。

すると坂上さんは納得できない部分が一つあったよう。

「『意見を言うなら全文ちゃんと読みなさいよ』というのはもっともだとは思うんだけど、逆に『全文読まないと意見言っちゃいけないの?』っていうのはあるんでしょ?」と、全文を読まないで批判する意見の有無について出演者らに問いかけたのでした。

この坂上さんの問いかけに「私たちテレビ出て発信する側は全文を読まなければならない」と切り出したタレント・アンミカさん。

若い世代がテレビではなくインターネットから情報を入手するため「ニュースが文字から切り取られるものでしか判断ができない」として、ネットニュースメディアへ「バランスのいいコメントを出してほしいと思いますよね」と要請しました。

アンミカさんの意見に毎週木曜日、ニュース解説員の弁護士・北村晴男氏と白熱した議論を交わしていることをネットニュースに「激論」と書かれる坂上さんは「盛られるのは好きじゃないな」と、ネットメディアへ苦言を呈していました。

スポンサーリンク

坂上忍の発言に視聴者騒然「こんなヤツに公共電波を使わせるな」

森喜朗氏の失言に対する批判の「批判」に対し、「『全文読まないと意見言っちゃいけないの?』っていうのはあるの?」と出演者らへ問いかけた坂上忍さん。

すると坂上さんの問いかけに、番組を観いた視聴者は騒然。

「おいおい、坂上がとんでもないこと言い始めたぞ!そもそも森を叩いてたのはおまえらもそうだろうが!SNSのせいにするな!」

「これこそ開き直りだろ。というか北村弁護士とのやり取りを盛られたとかいうの、自分がいつも人にやってることが跳ね返ってるだけじゃないの?」

「少なくともおまえら発信側は全部読まないといかんのちゃう?」

「もうこんなヤツに公共の電波を使わせるなよ!!」

「辞任に追い込んだ張本人の1人のくせに、追い込んだら『ネットの所為です』と声高に叫ぶクズ」

などと坂上さんの問いかけに、批判が殺到したのでした。

これまで政府や数々のタレントを憶測などで批判してきた坂上さん。

自分のことを棚に上げた発言はいかがなものなのでしょうか。

(文:有馬翔平)