当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

薬丸裕英「アスリートファーストでしょ?」萩野公介へ同情…視聴者からツッコミの嵐「どの口が言う?」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

先週、相次いで失言を口にした森喜朗氏が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を辞任する意向であることを速報で伝えた11日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

現役アスリートである競泳日本代表・萩野公介氏から森氏へ批判が飛び出しこと紹介されると、番組コメンテーターのタレント・薬丸裕英さんが持論を述べました。

スポンサーリンク

薬丸裕英、萩野公介の抗議の声に同情を寄せる

11日、相次いで失言を口にして国内外からの批判が高まっていた森喜朗氏が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長職を辞任する意向を固めたことを「バイキングMORE」(フジテレビ系)が特集。

直前には競泳日本代表・萩野公介氏から森氏への批判も上がっていたことが伝えられると、番組コメンテーターのタレント・薬丸裕英さんがコメントを述べました。

先週、「女性は競争意識が強い」という趣旨の発言を口にして国内外からの批判を受けていた森氏。

謝罪会見を行ったものの批判は収束せず、1週間が経過した本日に会長職を辞任する意向を示したのでした。

しかし、辞任の意向が伝えられるまでには大会スポンサーであるトヨタ自動者やパナソニック株式会社といた大手企業のほか、IOCからも「不適切な発言」と非難が上がり、現役アスリートである萩野氏は「非常に残念」、「そういう思考回路に行きつくということが僕はちょっと信じられない」と厳しい言葉が飛び出したのでした。

大会の主役であるアスリートからもとうとう非難の声が上がったことにコメントを求められた薬丸さんは「こういう発言をしなきゃいけない萩野選手がかわいそうだ」、「オリンピックに標準を合わせなきゃいけない中、ゴダゴダに発言しなきゃいけない」と今回の騒動で振り回されている選手らに同情を寄せました。

そして「アスリートファーストですよオリンピックは。本当にアスリートのことを考えているんですか皆さん、とお聞きしたくなりますよね」と騒動の関係者に向けて苦言を呈しました。

この薬丸さんのコメントに番組MCの坂上忍さんも同意、「確かに選手の皆さんかわいそうだし、選手の立場でこういう発言をするっていうのも勇気がいる発言だったと思うんですよね」と理解を示しました。

スポンサーリンク

薬丸裕英「アスリートファースト」に「いい加減なことを言うな!」

森喜朗氏が起こした騒動によって萩野公介氏が抗議の声を上げたことに、「アスリートファーストですよ」と改めて森氏の発言を批判した薬丸裕英さん。

しかし薬丸さんの言葉に番組を観ていた視聴者は怒りを覚えたようで、

「薬丸!いい加減なこと言うな!」

「それ言ったら、視察したりしてた森さんはアスリートファーストだったと思うけど…」

「そうだよアスリートファーストなんだよ。でもそのアスリートを無視してこの1週間、アスリートのことを無視して女性蔑視だとバカ騒ぎしたおまえがそれを言うの?」

「アスリートファーストでしょ?ってどの口が言うの?頭おかしいの?不愉快しかない」

「薬丸のコメントただ腹立つな!!」

「じゃあ先週に薬丸はアスリートを気にしたコメントをしていたかということなんだよ。騒ぎを大きくすることに加担した人間がアスリートファーストとか言っても今更?って感じなんだよ」

などと、反発が広がりました。

この1週間、森氏の発言を大きく取り上げ続けた報道各社。

いつまでも森氏の騒動を取り上げ続けて収束に向かわせなかったメディア側だった薬丸さんに、アスリートファーストという資格はないのかもしれません。

(文:有馬翔平)