当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

古市憲寿、夜遊び議員へのアリエナイ発言に小倉智昭がイライラ爆発…視聴者も「頭の中お花畑か?」と批判

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先日、緊急事態宣言が再発令されて以降に東京・銀座のクラブに足を運んでいたことが週刊誌の報道で明らかになった自民党国会対策委員長代理・松本純氏と、公明党幹事長代理・遠山清彦氏の2人を取り上げた27日の「とくダネ!」(フジテレビ系)。

世論からも厳しい批判に晒されている両名に対し、番組コメンテーターの社会学者・古市憲寿さんがコメントを口にしました。

しかしその古市さんのコメントに番組MCの小倉智昭アナウンサーから喝が入れられ、視聴者からも反発が広がる事態に発展しています。

スポンサーリンク

古市憲寿、与党幹部の夜遊びに「信念があればいいなと思う」

27日、緊急事態宣言下で東京・銀座のクラブに足を運んでいたことが明らかになった自民党国会対策委員長代理・松本純氏と、公明党幹事長代理・遠山清彦氏を取り上げた「とくダネ!」(フジテレビ系)で、番組コメンテーターの社会学者・古市憲寿さんが持論を述べました。

これは先日週刊誌が報じたもので、松本氏は今月18日に、遠山氏は今月22日に銀座のクラブへそれぞれ来店しました。

そして、緊急事態宣言下での政治家による夜遊びが世間に知られると、松本氏は「店主から要望や陳情を聞いていた。行動が軽かった」とし、深夜まで友人と会食をしていた遠山氏は「早く切り上げるべきだった」とカメラの前で謝罪しました。

またもや発生してしまった政治家による掟破りの会食に対し、番組MCの小倉智昭アナウンサーは「7時にお酒を出すのはやめてください、8時に営業するのはやめてくださいと言われているので、銀座のクラブは休んでいる店が多いと思っていた」、「国会議員がその情報を知っていて、そのお店に行くのはね」と、与党幹部らの非常識な行動に言葉を失いました。

すると、この政治家の行動について水を向けられた古市さんは開口一番に「もしも信念があればいいなとは思います」と発言。

古市さんの発言に「クラブに行くのに信念もねえだろう」と小倉アナは反発しましたが、古市さんは続けて「銀座が大変なことになるから緊急事態宣言は解除すべきだし、経済を動かしていきましょうと国に訴えたいんだと彼らが言っていたら筋は通ってる」、「謝るということは自分でも悪いと思っていたということ。それが情けなく思います」と、クラブを訪れるのではあれば信条を持って臨むべきと主張したのでした。

スポンサーリンク

古市憲寿の「信念があればいいな」発言に視聴者ブチギレ…「頭の中、お花畑なのか?」

自公の党幹部が緊急事態宣言下で銀座のクラブを訪れていたことに対し、「信念があればいいなと思う」と発言した古市憲寿さん。

「行くと決めたらなら経済を回すという立場に立って行動してほしかった」と述べましたが、番組を観ていた視聴者からは怒りの声が。

「これは小倉に同意だわ。本当にクラブに行くのに信念なんかないよ」

「どこまで無知醜態をさらすんだろうか古市は…頭の中がお花畑だとしか思えん」

「古市は斜めに物事を見すぎているのでは?もはやただ他の人と違うこと言いたいだけのように感じる」

「狂ってるわ!信念があったら何やってもいいのかよ。そんなことしたら秩序がなくなるだろ」

「まず古市くんの発言に信念がないよねwウケるww」

「古市さんの発言はいつもめちゃくちゃだ。有事の際はもっと慎重に発言すべきなのではないだろうか」

「よくフジテレビもこんなやつを使ってるよな…中途半端なフォローで見苦しいだけ」

などと古市さんの発言に対して批判が殺到したのです。

辛口なコメントが評価され、今ではバラエティ番組やテレビCMにも出演するようになった古市さん。

しかしだからと言って、付け焼刃のような理論でコメントを述べてもいいというわけではないようです。

(文:有馬翔平)