当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

松本人志、SnowManをめぐる誹謗中傷を批判もファンから異議…「誤解を招く」と指摘相次ぐ

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

メンバーの1人がPCR検査によって新型コロナウィルスに感染していることが判明、メンバー全員が濃厚接触者となったことからNHK紅白歌合戦への出場を辞退することとなった「SnowMan」。

SnowManについて取り上げた27日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、番組MCの松本人志さんがSnowManに相次いでいる誹謗中傷について言及しました。

しかし番組を観ていたファンからは悲鳴が。

「誤解しないで」と指摘が相次いだ、松本さんの発言とは一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

松本人志、紅白辞退のSnowManにエール!誹謗中傷に「落ち込む必要ないぜ」と慰めの言葉を送る

27日、メンバーの1人が新型コロナウィルスに感染しメンバー全員が濃厚接触者に指定されたジャニーズアイドル「SnowMan」について取り上げた「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、番組MCの松本人志さんが同グループに相次いでいる誹謗中傷に言及しました。

先日、PCR検査でメンバー1人の新型コロナ感染が明らかになったSnowMan。

メンバー全員が濃厚接触者となったしまったため、大みそかに出演予定だったNHK紅白歌合戦への出場の辞退を余儀なくされました。

しかし、そんな同グループにとって悲哀に満ちた状況の中、さらに追い打ちをかけるように誹謗中傷がSNSで相次ぎジャニーズ事務所からも心無い書き込みを辞めるよう異例の声明を出す事態が。

この日、話題を振られた松本さんは「かわいそうだよね」と、初出場にもかかわらず紅白歌合戦を辞退しなければならなくなった同グループに同情、そして誹謗中傷に対して「たたくのは違う」と批判を展開。

さらに「すごい数で誹謗中傷されていると思うけれども、意外と人数にしたら数千人…数百人くらい」と、心無い言葉をかけているのは少人数だとして、「こういうのに振り回されないよう、落ち込む必要もないぜ」とSnowManへエールを送りました。

またこの放送では、今年ジャニーズ事務所を退所した中居正広さんも出演。

元後輩たちの降りかかった悲劇に、「本人たちは残念。志しの一つだったはずですから」と松本さん同様に同情を寄せていました。

 

スポンサーリンク

松本人志、誹謗中傷批判もファンから異議…「誤解を招く」と指摘相次ぐ

NHK紅白歌合戦への出場を辞退することとなったSnowManへ、「落ち込む必要はない」と慰めの言葉をかけた松本人志さん。

しかし番組を観ていたファンからは、松本さんのコメントに異議を唱える声が。

「これだと、勘違いされる」

「まっちゃんの言い方だと、私たちが誹謗中傷してるみたいに誤解を招く気がする」

ファンが心配したこととは、SnowManのファンが感染したメンバーに誹謗中傷をしていると世間の認識されることでした。

ファン曰く、誹謗中傷は他のジャニーズグループのファンから書き込まれているようで、「ワイドナショー」の放送終了後には「あるグループ」を名指しして誹謗中傷を辞めるよう求める意見が続出。

そのある「グループ」について、

「SnowManのファンが名指ししたのは同じく紅白初出場の『SixTONES』のファン。今年1月に、滝沢英明副社長の手腕によって、SnowManと同時デビューを飾ったグループです。しかし同時デビューということで何かと比較されることが多く、両グループファン同士の対立が懸念されていましたが…どうやら決定的な溝が今回浮き彫りなったようです」(芸能ライター)

さらに、今回の誹謗中傷で2組を同時にデビューさせたジャニーズ事務所のプロデュース方法にも懐疑的な声が持ち上がることに。

ただ、SnowManのファンが槍玉に挙げている「SixTONESのファンによる誹謗中傷」というものを探してみると、あるにはありますがたった数人。

松本さんの言葉通り誹謗中傷をしている人物はさほど多くはなく、SnowManのファンはSixTONESのファンへの批判を停止、誹謗中傷を行っている人物はもちろん即刻書き込みを辞めるとなど両者冷静になることが今求められているのかもしれません。

(文:有馬翔平)