当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

水卜麻美アナ、アリエナイ映像にもらい泣き…情緒不安定な様子にスタジオもドン引き

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

2020年を残すところ10日を切ったことで、今年1年間の名場面を振り返った22日の「スッキリ」(日本テレビ系)。

昨日の放送から始まったこのコーナーで、番組の進行アシスタントである水卜麻美アナウンサーがある疑惑を報じられることに。

その疑惑に視聴者も騒然。

「どうしたの?」、「いっぱい抱えてるんだな」などと共演者からも視聴者からも不安な声が上がった、水卜アナの疑惑とはどのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

水卜麻美、自分の号泣姿に『もらい泣き』…情緒不安定な様子にスタジオもザワザワ「何か悩みがあるの?」

22日、2020年も残すところ10日を切ったことで、今年1年間の面白名場面を振り返った「スッキリ」(日本テレビ系)で、同番組の進行アシスタントを担当する水卜麻美アナウンサーがある「疑惑」を報じられることに。

それは、同番組が先月紹介した南海キャンディーズ・山里亮太さんとオードリー・若林正恭さんによる「たりないふたり2020」の未公開映像でのことでした。

「水卜ちゃんが最近、結構『涙腺がゆるい』のよ」と、ナレーションを担当する山里さんが今年に入って涙もろくなったことを暴露、さらに「なんかつらいことがあったのなら言ってごらんってなります」と情緒不安定な様子を案じられたです。

また、放送では水卜アナの涙もろくなったことを裏付けるために、今年水卜アナが号泣したシーンも一挙に放送。

緊急事態宣言が発令されていた中、リモート出演し生歌を披露したアーティスト・森山直太朗さんの歌声に「心にズバっていいものって目の前にいても遠くにいてもくるなって」と名言を残したシーンに加え、全国の高校生が参加した「ダンスONEプロジェクト」が完成した当日の号泣ぶりが再放送されました。

ほかにも数多く同番組で涙を流してきた水卜アナ、スタジオに映像が戻り「何か悩みがあるの?」と出演者から寄せられる心配に、新型コロナウィルスの流行拡大で誰とも会えなかった、大好きな食事も行けなかったという状況に「さみしかった」と自己分析。

そして、自分が号泣する映像に再び涙を浮かべ、山里さんから「自分が泣いている映像で泣いたらもう終わりよ」とツッコみを入れられスタジオの笑いを誘っていました。

 

スポンサーリンク

水卜麻美の他にも号泣した人物が?水卜アナの『涙もろい』説に猛抗議「俺だって泣いてたよ!」

今年1年を振り返って号泣するシーンがたくさんあった水卜麻美アナウンサー。

この水卜アナの涙もろくなった事実に、番組を観ていた視聴者からは、

「大丈夫。水卜ちゃんが泣いてる時、私も泣いてる」

「心がキレイな証拠だよね」

「水卜アナの優しさに感服」

などとコメントが。

しかし、水卜アナだけが持ち上げられる空気にあの人物が猛抗議。

「俺だって泣いてたからね」

自身も号泣していたことを暴露したのは番組MCの加藤浩次さん。

加藤さんは水卜アナうよりも激しく号泣していたようで、着用していたネクタイが「びしょびしょ」になるほど涙を流していたのだとか。

しかし、なぜか加藤さんが涙を流すとそのシーンを撮影してもらえないようで「カメラさんが全然抜かないのよ」と撮影スタッフが意図的に映さないことを指摘しました。

加藤さんの号泣シーンよりも絵になった水卜アナの涙。

来年は水卜アナが号泣するシーンはどれほど見ることができるのでしょうか。

(文:有馬翔平)