当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

坂上忍、弁護士を恫喝?太田光の判決に「ムチャクチャなこと」「一生友達になれない」と怒鳴り散らす

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

新潮社が掲載した「大学裏口入学」の記事を巡って裁判を起こした爆笑問題・太田光さんについて取り上げた21日の「バイキングMORE」(フジテレビ系)。

裁判の判決が出された同日、番組MCの坂上忍さんとスタジオの弁護士が判決内容で対立する場面が。

「そんなムチャクチャなことよくできるね!」、「一生友達になれない」と坂上さんが大激怒した、そのワケとは一体何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

坂上忍、弁護士を恫喝?太田光の判決に「ムチャクチャなこと言える」「一生友達になれない」と怒鳴り散らす

21日、爆笑問題・太田光さんが「大学裏口入学」を報じた新潮社を相手取って起こした裁判の判決を伝えた「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、番組MCの坂上忍さんがニュース解説員である弁護士・清原博氏と対立、怒号を飛ばすシーンがありました。

一昨年、新潮社が出版する「週刊新潮」の中で父親が800万円もの金銭を支払い大学に不正入学したと報じられた太田さん。

太田さんは件の記事に対し、「父親と自分の名誉を傷つけた」として新潮社を相手取り裁判を起こしました。

その判決が出された同日、不正入学の「客観的な証拠が見つからず、事実であることの証明ができない」として裁判所は新潮社に記事の削除と、440万円の賠償命令を下しました。

事実上太田さんの勝訴で終わった裁判、しかしこの判決に坂上さんは納得できない部分があったよう。

「謝罪しなくていいの?」

今回の裁判で件の記事削除と損害賠償を得た太田さん、しかし当初請求していた「新潮社が謝罪広告を掲載する」と部分については認められることはありませんでした。

この部分に清原弁護士から「謝罪広告は表現の自由があるから裁判所は認めるケースは少ない」、「今回は金銭による賠償で太田さんの損害は補償されたというで、裁判所は謝罪を認めなかったのだと思います」と解説。

すると坂上さんが謝罪が棄却されたことヒートアップし、問題となった記事に登場した取材対象の人物の身元と明かせないなど新潮社が客観的証拠を何も提示できなかったにもかかわらず、処罰が緩いことを指摘しました。

さらに、損害賠償が440万円となった理由についても裁判所から「原告(太田さん)は自ら名誉を回復できる」という文言に対しても「冗談じゃないよ」と一喝。

この文言について「芸能人の裁判ではよくあること」、「芸能人は名誉が下がっても自分の力で回復する術がある」と解説した清原弁護士に、「よくそんなこと、テレビに出てムチャクチャなこと言えるね。みんな笑ってるよ?」と詰め寄り、「もう清原さんとは一生友達になれない」と不快感をあらわにしたのでした。

 

スポンサーリンク

坂上忍、弁護士を怒鳴り散らす光景に視聴者あ然…「かわいそうだわ」「気分が悪い」と批判殺到の事態に

太田光さんが起こした裁判の判決に、不服を表明した坂上忍さん。

清原博弁護士の解説に「ムチャクチャなこと言える」、「一生友達になれない」などと怒鳴り声を浴びせましたが、この光景に番組を観ていた視聴者はあ然。

「坂上がうるさすぎる…」

「だから今、名誉回復してんじゃん。一般人は名誉棄損されたらテレビで回復なんてできないんだぞ」

「感情論で弁護士にあたって、周囲のタレントも援護射撃…昼間から気分悪くなったわ」

「普段あることないこと憶測で語っているのに。何を熱くなっているの?」

「清原弁護士がかわいそう」

「清原弁護士は坂上や出演者を名誉棄損で訴えた方がいいんじゃない?」

「この件で清原弁護士を責めてもしょうがないでしょ…」

などと、一方的に熱くなった坂上さんを責めるコメントが殺到しました。

芸能人という職業は名誉を自身で回復することができるというと違和感を覚える今回の判決。

しかし、それを芸能界の身内である坂上さんが首を傾げたことに擁護という姿勢を感じた視聴者も多かったのではないでしょうか。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez