当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

フワちゃん、『行列のできる法律相談所』での扱いに視聴者が不快感「本当に不快」「まるでイジメ」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

12月20日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)。

今回は「生放送で懺悔SP!」というテーマでゲストたちが謝りたいことエピソードを披露しました。

前半・後半にわけて4人ずつゲストが懺悔エピソードをVTRで披露し、視聴者投票で1位になった人がバズーカ砲を受けるという今回の企画。

ゲストの一人、人気Youtuberのフワちゃんも懺悔エピソードを披露し、1位となってバズーカ砲を受けることになりました。

スタジオでは笑いが起こる一方、フワちゃんの懺悔エピソードの内容や、度が過ぎたイジリに視聴者からは不評の声が。

「これってもうイジメじゃん」「フワちゃん、本気で嫌がってそうに見えて笑えなかった」などの意見が多く見られました。

どういった内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

「イジメ」「これ面白い?」行列のできる法律相談所のフワちゃんイジリに不評の声

12月20日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)。

今回は「生放送で懺悔SP!」というテーマで8人のゲストたちが謝りたいことエピソードを披露しました。

前半・後半にわけて4人ずつゲストが懺悔エピソードをVTRで披露し、視聴者投票で一位になった人がバズーカ砲を受けるという今回の企画。

人気Youtuberのフワちゃんもゲストの1人として出演し、番組後半で長嶋一茂さん、アンジャッシュの児嶋一哉さん、かまいたちの山内健司さんと共に懺悔エピソードを披露しました。

フワちゃんのエピソードの内容は、同局にて今年放送された「24時間テレビ」にて大笑いのあまり失禁してしまったというもの。

本人は笑い話にしているものの、女性が人前で失禁してしまったという失敗を蒸し返し、フワちゃん本人も一瞬本気で嫌がるような態度を見せたことから、

「まるでイジメみたい」

「芸人の前に一人の女性なのに…」

「漏らしたくて漏らすわけないのに、蒸し返されて懺悔させられる意味がわからん」

「フワちゃん嫌がってない?かわいそう」

「行列って最近こんなのばっかりだな」

「本当に不快で、チャンネル変えました。」

と不評の声が。

また、フワちゃんの懺悔エピソードが視聴者投票で1位となり、バズーカ砲を受けることに。

スタジオでは笑いが起こる一方、物凄い勢いでクリームが飛び出すなか、口を開けたままバズーカ砲を受けたフワちゃんに心配の声も。

「こんな危なすぎる罰ゲームまだやってるの?」「スタジオの人笑ってるけど、これ面白いの?」など、SNSでも番組の内容を批判する声が目立ちました。

スポンサーリンク

「行列のできる法律相談所」は問題ばかり?過去には炎上も

今回の企画で、行き過ぎたフワちゃんイジリが「まるでイジメ」と不評になった当番組。

過去にも何度か問題視され、炎上したこともあるようです。

2015年には、「私ゆとり世代に怒っていますSP」という特集を放送。

ゆとり世代は「怒られるのが嫌、打たれ弱い」「指示通りに動くが、自分から動くのは苦手」「プライベート優先」などの特徴をあげ、ゲスト芸能人と共にゆとり世代を悪く言うような内容を扱いました。

偏見まみれの特集に、「若者を一括りにするな」とネットを中心にしばらく批判の声が収まりませんでした。

また、2018年にはその年の箱根駅伝で4連覇を果たした、青山学院大学の下田裕太選手がゲスト出演。

アニメ好きとして知られる下田選手に対し、アンジャッシュ・渡部建さんが「すごいアスリートなのにゲーム好き」「広瀬すずよりゲームキャラの方が好きなんでしょ」と発言。

「オタク”なのに”って嫌な言い方」「人の趣味を馬鹿にするな」など炎上しました。

このように、人気番組である一方で過去に何度か問題もある「行列のできる法律相談所」。

SNSが普及し、番組や出演者の問題発言などが一瞬で広まってしまう昨今。

今回のフワちゃんイジメの不評も含め、当番組には視聴者を不快にしないように気を付けてほしいですね。

(文:Quick Timez編集部)