SNSで最新の記事を受け取る

道端アンジェリカ、活動再開を報告も…世間からは厳しい声「何で被害者ヅラ?」「お前が一番悪くね?」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

15日、自身のインスタグラムを更新したモデル、道端アンジェリカさん。

自身の恐喝騒動について言及をした後、モデル活動の再開を報告しました。

一方で、活動再開については快く思っていない方も一定数いる模様です。

ad
スポンサーリンク

道端アンジェリカ、モデル活動再開を報告「事件になるようなことは一切なく…」

15日、自身のインスタグラムを更新したモデル、道端アンジェリカさん。

それまで自粛をしていたモデル活動を再開したことを報告しました。

道端さんをめぐっては、昨年10月、飲食店を経営する夫が恐喝容疑で逮捕されるという事件が発生しており、その際に「お前の家族をめちゃくちゃにしてやる」などといった文言を発していたことから、世間から批判が殺到しました。

また、恐喝事件に関しては道端さんの美人局疑惑も浮上するなどしており、波紋は広がるばかりでしたが、昨年10月25日に「嫌疑不十分」として東京地検は不起訴処分に。

しかし、当面は子育てに専念し、芸能活動を休止すると公式サイトで発表していため、およそ半年ぶりの活動再開ということになったのです。

インスタグラムでは、「事件になるようなことは一切なく…」と嫌疑が晴れた事にも触れつつ、「これからは一人の女性として母として、そしてモデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います」とつづり、新たなスタートを誓いました。

これを受け、インスタグラムのコメント欄では

《これからも頑張ってください!道端三姉妹応援してます》

《お帰りなさい〜待ってました!これからも投稿楽しみにしてます》

《元気でよかった!大好きです。ずっと応援します》

といった、肯定的な意見が多数を占めました。

この投稿をInstagramで見る

お久しぶりです。 昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます。 このたびモデル活動を再開するにあたって、まずは自分の言葉でちゃんとみなさまに伝えられたらと思い、動画を撮りました。 あれからたくさんの時間をかけ自分自身と向き合い、私なりにこれから先どう生きていくか、どう生きていきたいか考えました。 私はこのお仕事が心から好きです。このお仕事に出会え、みなさまの支えのおかげで今までの私がありました。 これからは今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います。 これから先のことですが、私は今まで所属していた事務所を辞め、独立することにしました。 これからは一人の女性として母として、そしてモデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います。 微力ではありますが、少しでもみなさまのお役にたてるよう、そしてモデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします。 最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿 –

 

スポンサーリンク

道端アンジェリカ、活動再開を報告も…「悲劇のヒロイン風になってるの納得できない」

自身のインスタグラムでモデル活動の再開を報告した、道端アンジェリカさん。

インスタグラムのコメント欄には多数の応援コメントが寄せられており、その船出は順調かのように思われました。

一方で、ネット上からはこういった意見も。

《インスタのコメ欄が擁護のコメントで溢れてるのに違和感。必死にアンチコメ消しても意味ないで》

《道端アンジェリカが悲劇のヒロイン風になってるの 普通に納得出来ない》

《何、被害者ヅラしてんだよ?加害者なんだろ?》

《道端への擁護がすごいな。なんか隠してる?》

《そもそも結婚してるのに他の男と2人で飲みに行く理由ある?》

《え、道端アンジェリカなんで被害者面してんの? そもそも酔って羽目外して昔の男とイチャコラしたお前が一番悪くね?》

といった意見が殺到しており、インスタグラムとは裏腹に批判的な考え方を持っている人が多く見られます。

恐喝の嫌疑は晴れたものの、そもそも道端さんは結婚した旦那さんがおりながら、他の男性と飲みに行っていたことが事件の発端だと言われており、そうしたことを快く思わない人がいるのでしょう。

インスタグラムに関しても、それまでコメント欄を閉鎖していたにも関わらず、活動再開の報告の投稿のみコメント欄がつけられており、これにも違和感を覚える人が。

道端さんの復帰について冷めた声があるのも事実です。

そういった声を真摯に受け止めるのも、復帰の第一歩なのかもしれません。

(文:服部慎一)