お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

Cocomi、モデルは『副業』でフルートを続行?このタイミングでデビューした、意外な理由とは?

スポンサーリンク
タレント
スポンサーリンク

19日、木村拓哉さんと、工藤静香さんの長女であるCocomiさんが、モデルデビューすることが明らかになりました。

Cocomiさんといえば、これまでフルートの演奏者として、数々の有名な大会で優勝してきた経歴の持ち主。

モデルデビューした後、Cocomiさんはフルートを続けていくのでしょうか。

Cocomiがモデルデビュー!音楽家としてフルートは続ける?

19日、女性ファンション誌「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の5月号の表紙を、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・Cocomiさんが飾ることが明らかになりました。

妹であるKokiさんが2018年にモデルデビューしたことから、Cocomiさんのデビューも囁かれていましたが、ここまで芸能活動はしてきませんでした。

それというのも、Cocomiさんは「音楽家」という一面を持っているからです。

3歳でバイオリンをはじめ、11歳になるとフルートを習い始め、木村さん同伴で海外遠征に行くなど本格的に音楽を習ってきたCocomiさん。

高校も音楽科を設立している高校へ進学し、フルートで輝かしい成績を収めてました。

高校生最後となった昨年には、国内最高峰の大会「日本奏楽コンクール」で準グランプリを獲得しています。

そんなフルート奏者として、音楽科として将来を期待されているCocomiさんですが、モデルデビューと同時にフルート奏者を辞めるわけではないよう。

むしろ、高校を卒業した現在、さらに本格的にフルートの技術を学んでいく予定だと言われています。

 

スポンサーリンク

Cocomi、モデル業は副業?なぜこのタイミングでデビューした?

ではなぜ、Cocomiさんはこのタイミングでモデルデビューを決意したのでしょうか。

もちろん、高校を卒業したからということもあるとは思われます。

しかし、国内屈指のフルート奏者ともあれば音楽業界から引く手数多で、モデル活動をしている暇などないはずです。

そこには、世知辛いフルート奏者の現実がありました。

まず、フルート奏者を含め、楽器の演奏する職業というのは、プロとして活躍できる場所が限られているのです。

フルートを演奏するのならばオーケストラの団員などが思いつきますが、オーケストラが団員を募集するのは、稀なこと。

さらに、仮に団員になれたとしても平均年収は500万円ほどと、そこまで高収入ではないというのが現状です。

そのため、フルート奏者として専念することに、Cocomiさんは不安を感じたのでしょう。

そこで、「木村拓哉の娘」として話題性もあり、収入が見込めるモデルになることを、決意したのかもしれません。

これが本心ならば、モデルが副業という贅沢な選択ですが、それもCocomiさんの家庭環境が作り上げた1つの魅力でしょう。

これからのCocomiさんの活躍が楽しみです。

(文:有馬翔平)