SNSで最新の記事を受け取る

手越祐也、YouTubeの無人島ロケに疑問の声…「社員1人の会社で撮影許可取るのは不可能」

スポンサーリンク
ジャニーズ

画像:時事

15日に元NEWSの手越祐也さんが、自身のYouTubeを更新。

手越さんは人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系列)を彷彿させる、無人島ロケをしました。

無人島上陸許可や漁協の許可等を取っていなく、不正利用しているのではないか、という疑いの声が寄せられています。

【関連】手越祐也、暴露本での実名告白に批判殺到し謝罪動画を投稿も…大手芸能事務所の逆鱗に触れ、TV復帰絶望

ad
スポンサーリンク

手越祐也、無人島ロケで「イッテQ」を再現も不安の声殺到「使用手続きしているか心配」「1人の会社で撮影は不可能」

15日に元NEWSの手越祐也さんが、自身のYouTubeを更新。

無人島ロケを行う様子を配信しました。

手越さんは以前、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系列)に出演し、世界各国にロケに出演していました。

しかし、手越さんが緊急事態宣言中に女性とパーティーをしていたことから、ジャニーズを退所となり、同番組への出演を見合わせています。

手越さんは6月にジャニーズ事務所を退所後、現在はYouTuberとして活動。

そんな手越さんが、今回「【チャラ男の無人島生活①】島に上陸!まずは寝床に確保しにいきます」というタイトルで、無人島に行った動画を投稿しました。

手越さんは海の綺麗な日本の無人島に行き、アイドルのような動画を撮影したり、ハンモックで寝るとなど、無人島を満喫。

次回予告では、銛で魚を突くことや、火起こしをしているシーンが公開されました。

この動画を見たファンからは、

「初っ端からイッテQ笑」

「完全にイッテQじゃん、地上波で流せるレベルの高さ」

と、「世界の果てまでイッテQ!」をYouTubeで見れると喜ぶ声が寄せられる反面、

「今まで安全な環境下での仕事だったけど、事故のないように」

「使用手続きしているか心配」

「1人の会社で無人島撮影などは不可能」

と、手越さんの撮影がしっかりと手続きを踏んで、撮影をしているのか、と心配する声がい相次ぎました。

 

スポンサーリンク

無人島で許可をとるべきこととは?無人島使用許可と、釣りをするなら漁業権が必要

手越祐也さんは「世界の果てまでイッテQ!」を彷彿させる、ロケの動画を投稿。

そんな手越さんに独立したてで、無人島含め様々な使用許可をとっているのか、と心配の声が多く寄せられました。

手越さんのような動画撮影には、どのような許可が本来必要なのでしょうか。

まず、前提としては無人島といえど、島には持ち主がいるため、無人島を使用しているかの許可をとる必要があります。

それに加え、魚や貝をとる際には、少量であれば黙認されるケースが大半ですが、手越さんのようにYouTubeで配信をするのであれば、漁業権を持っている必要があります。

このように、無人島で自由に生活をするのは、一見楽しそうには見えますが、申請するものは意外とあることがわかるでしょう。

無人島で「世界の果てまでイッテQ!」を彷彿させた、とロケをさせた手越さん。

手越さんの会社は、手越さんを覗き1名の社員しかいないとのことなので、このような無人島を使用する上での細かい規定を守れているのか不安が残ります。

(文:M.K)