お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

新田真剣佑「申し訳ありません」沖縄旅行を謝罪も…直筆ではない『定型文』に「事務所が用意しただけ」

スポンサーリンク
俳優

画像:時事

20日、「文春オンライン」(文藝春秋)の報道により、世間に明るみに出てしまった、俳優・山田孝之さんと新田真剣佑さんの沖縄旅行。

この沖縄旅行は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、外出自粛が呼びかけられている最中の出来事であったために、騒動は過熱。

これを受け、21日、自身のTwitterで謝罪をした真剣佑さん。

しかし、その文が定型文にサインをしただけかのように見受けられる事から、炎上は収まる気配がありません。

ad
スポンサーリンク

新田真剣佑「申し訳ありませんでした。」沖縄旅行を謝罪も…定型文にネットからは疑問の声

20日、「文春オンライン」(文藝春秋)が、俳優・山田孝之さんと新田真剣佑さんら一行が、外出自粛が呼びかけれる中で沖縄へ旅行をしたことを報道。

双方の所属事務所も認めて厳重注意をするなどし、ネット上では批判が相次ぐ形に。

2人が沖縄に行ったとされる5月の2周目はGW(ゴールデンウィーク)真っ只中。

沖縄はもちろん、全国的にも「外出自粛」が呼びかけられており、当の沖縄県でも玉城デニー知事によって、来県自粛が呼びかけられるほど。

GWに沖縄県へ旅行をし、バカンスを楽しみたいのは芸能人でなく一般人でも同じこと。

感染のリスクや医療従事者への負担が増えるということに加え、「自分たちは我慢しているのに…」という思いからも、批判が集中してしまった模様です。

これを受け、21日、新田さんは自身のTwitterを更新。

画像を添付し「この度は本当に申し訳ありませんでした。」と謝罪をしました。

しかしながら、この謝罪文の画像にも批判が集中。

《指摘されてから謝罪するって、バレなきゃいいと思っている典型でしょ》

《いや、定型文でしょこれ。事務所から言われて渋々サインしただけ》

《事務所が用意した謝罪文に、適当に自分の名前を書いたっていう印象》

《画像載せるなら、せめて直筆にしろよ。逆に印象悪くなるよ》

《反省してんのか?このやり方じゃ全く伝わらん!》

謝罪文があまりにも、「定型文」のそれに近かった事から、再び炎上をしてしまったのです。

 

スポンサーリンク

新田真剣佑、なぜ直筆の謝罪をしない?石田純一との決定的な差

外出自粛期間中に沖縄旅行をし、それが報じられると謝罪をしたものの、炎上が収束する気配のない新田真剣佑さん。

新田さんといえば、甘いマスクと端正なルックスで若い世代の女性を中心に人気のある俳優ですが、今回の騒動では、そのファンたちからも「失望しました」という意見が寄せられるほど。

謝罪をしてもなお、直筆ではない事から再び炎上してしまったのですが、なぜ直筆の謝罪文を掲載しなかったのでしょうか。

新田さんと同じく、 沖縄旅行をしていたモデル・Nikiさんも20日に自身のTwitterに、直接文字を打ち込み投稿する形で謝罪。

この方法であれば、新田さんも思わぬところで炎上はしなかったはずです。

考えられる理由としては、新田さんの事務所が用意した定型文に、サインだけをしたという可能性。

下手に直筆で書いて、意図が曲解されるよりも、謝罪だけをするのであればこちらの方が手っ取り早く、リスクも軽減できます。

しかしながら、新田さんと同様に、「コロナ禍」で沖縄県に旅行をし、批判が殺到した芸能人といえば俳優・石田純一さんもいます。

石田さんは、沖縄旅行に加え、その後のPCR検査で陽性反応が出たため、入院。

コロナに感染した事からも、非難を浴びてしまったわけですが、これを受けて退院後に石田さんは謝罪文を発表。

便箋に「直筆」で思いをつづり、反省の弁を述べました。

新田さんと石田さん、コロナ感染の有無は違えど、同じ「沖縄旅行」をした身でありますが、謝罪の仕方に決定的な差が生じたのも事実です。

芸能人の不祥事の場合、直筆で謝罪をするケースが多く、先日、違法薬物の使用で有罪判決を受けた沢尻エリカ被告も、直筆で謝罪文を公表したことも記憶に新しいかと思います。

一度、犯してしまった過ちを後悔しても仕方ありませんが、大事なのは、その過ちから何を受け止め、反省して次にどのように生かしていくかでしょう。

その人の真価が問われるのは、過ちを犯した後の行動なのです。

(文:服部慎一)