お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

岡村隆史「相方の嫁のデリバリーは出来へんの?」性風俗を思わせる発言に…ネットが騒然

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

4月30日に放送された、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系列)。

この日の放送は、同番組の人気企画「ゴチになります!」史上初のオンラインでの開催。

そこには、コロナ禍での性風俗関連の発言をめぐり、炎上中のナインティナイン・岡村隆史さんの姿も。

さらに、番組内で言い放った発言に視聴者が一時騒然となる事態に。

ad
スポンサーリンク

岡村隆史「相方の嫁のデリバリーは出来へんの?」発言に…ネットがざわつく事態に

4月30日に放送された、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系列)。

同番組の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」が放送されましたが、この日の放送は新型コロナウイルスの影響で、初めてのオンラインでの開催。

「人気テイクアウトでオンラインゴチ」と題し、メンバーそれぞれがモニター越しにオンラインで対決をしました。

新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が呼びかけられ、「テイクアウト」や「デリバリー」の需要が増える中での企画に、メンバーも困惑しながら番組は進行します。

今回は、番組が選んだ3品の合計金額を予想し、一番金額が近かった人が1位となる特別ルール。

MC・羽鳥慎一アナの「デリバリーはよく利用されますか?」という質問に対して、「もちろん、「ヘビーユーザーですよ」とメンバーの誰よりも早く回答するナインティナイン・岡村隆史さん。

それぞれのメンバーにデリバリーについて聞いていく中、岡村さんの相方・矢部浩之さんは「毎日、工夫して奥さんが手料理作ってくれる」とデリバリーを頻繁には利用しないことを告白。

これには、「ええなあ」や「嫌味やなぁ言い方」というツッコミが入る一方、「相方の嫁の(手料理は)デリバリー出来へんの?」と岡村さん。

矢部さんは「出来たとしても、お前のは断る」と返し、笑いを誘っていました。

その後、3品それぞれに舌鼓を打ち、真剣に予想を繰り広げていくメンバー。

結果が発表され、羽鳥さんから1位として名前が呼ばれた岡村さんは、「ほら、デリバリーばっかりやってるから」、「デリバリーの歴史が違うねん!みなさんとは…経験がモノ言いました。」と嬉しさを爆発させます。

しかし、ネット上からはこの発言に対して

《岡村のデリバリーって発言に、風俗を連想してしまう俺は末期だな》

《『皆さんとはデリバリーの歴史が違うねん!』が別の意味に聴こえちゃう》

《嫁のデリバリーの件は、そもそも下ネタなんじゃねーの?》

と、性風俗関連の話題で炎上している渦中の岡村さんの発言だけに、ざわつく事態に。

 

スポンサーリンク

岡村隆史、「チコちゃんに叱られる!」放送中止で、降板も間近?

デリバリーの意味が視聴者によって別の意味に捉えられてしまった岡村隆史さん。

その原因として挙げられるのが、性風俗関連をめぐる発言です。

岡村さんは、先月23日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で「コロナが収束したら面白いことになる」「美人が風俗で働きます」と発言をし、「女性蔑視」だと批判が相次ぎ、炎上。

その後、同29日に謝罪をしましたが、未だ鎮火するに至っておりません。

この炎上の渦中に放送された今回の、「ぐるナイ」。

普段であれば、聞き流してしまう内容でも、視聴者が敏感に反応してしまうのも無理はありません。

また、 NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」に出演中の岡村さんですが、5月1日放送分は中止となるなど、波紋は広がるばかり。

同局は、「あくまでも報道を優先した対応」とし、岡村さんの失言が原因ではないことを強調しました。

「ゴチレース」の企画冒頭、「仕事があるのはテンションあがる」と話していた岡村さん。

失言によって番組降板の危機に晒されている中、今一度、番組に出演できる「ありがたみ」を考えた方が良いのかもしれません。

(文:服部慎一)