最上もが、美バスト&美脚あらわなインスタ投稿に…ファン「たまらん」「めっちゃスタイルいい」

アイドル

画像:時事通信フォト

13日、タレント・最上もがさんが自身のInstagramを更新。

2016年に発売した写真集のオフショットを公開しました。

写真集には掲載されなかったレアな写真の数々に、ファンは大興奮の様子。

一体どのような写真を、最上さんは掲載したのでしょうか。

スポンサーリンク

最上もが、バストと美脚があらわになったショットを公開!ファン「たまらん!」

13日に自身のInstagramを更新した、タレント・最上もがさん。

投稿した内容は、2016年に発売した2nd写真集「Poison」(小学館)のオフショット画像でした。

シンガポール出身の写真家、レスキー・リーさんが、最上さんの写真集にふさわしい舞台をとして選んだのは、東京・築地。

豊洲に移転する前の築地市場でした。

今回、最上さんが掲載した写真にも、最上さんの周囲には市場で働く職人の姿が。

オフショットといえど、独特の世界観に仕上がっています。

しかし、そんな雰囲気の中でも目が離せないのが、最上さんのスタイル。

ほど良い肉感に長い美脚、そして細い体つきからは信じられないボリュームの胸元。

写真集でも話題になった、最上さんのありとあらゆる「武器」が、オフショットでも拝むことができました。

これには、

「たまらん!」

「かわいい&セクシー!」

「めっちゃスタイルいい!憧れるなあ……」

と、ファンは大興奮している様子でした。

スポンサーリンク

最上もが、なぜ築地市場?疑問の声、続々…

最上もがさんが投稿した、写真集のオフショット。

ファンからは興奮気味のコメントが多数寄せられましたが、一方で「なんで築地?」と写真集のコンセプトを疑問に思う人も。

秘密は写真集にあります。

写真集のタイトルである「Poison」は英語で「毒」、これにフランス語の「Poisson(魚)」を合わせてダブルミーニングにしているのです。

そのため、オフショットの中には、偽物のマグロを抱える最上さんの姿も。

ただ、撮影当時は、この独特な世界観に最上さんもついていけなかったようで、「ぼくもわかんない」とコメントを寄せていました。

なぜ毒と魚にかけたのかは不明ですが、最上さんのこの上なく色っぽい姿は確かに「目に毒」かもしれません。

(文:有馬翔平)

コメント