SNSで最新の記事を受け取る

小川彩佳アナ、パツパツの衣装に視聴者も釘付け「大きすぎないですか?」「これは熱盛」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事

14日放送された、「NEWS 23」(TBS系列)。

同番組は、フリーアナウンサーの小川彩佳さんがメインキャスターを務めておりますが、新型コロナウイルスの感染拡大の観点と、現在妊娠中であるという観点から、この日の放送でもモニター越しのリモート出演。

視聴者からは、小川アナの「パツパツの衣装」が凄かったと、話題になっています。

小川彩佳、パツパツの衣装に視聴者も釘付け!「大きすぎないですか?」

14日に放送された、「NEWS 23」(TBS系列)。

同番組は、フリーアナウンサーの小川彩佳アナがメインキャスターを務める報道番組で、今月1日から、小川アナは新型コロナウイルスの感染・拡大防止の観点から、リモート出演をしております。

2020年2月28日には、番組の公式Twitterが、小川アナの妊娠を報告。

こうした経緯もあり、小川アナがスタジオで生出演することはせず、リモートでの出演となっているのです。

14日の放送も例外ではなく、小川アナは都内某所からリモートで出演。

胴体の部分が水色、肩から腕にかけてが紺色のツートンカラーをモチーフにしたカットソー姿で、お茶の間の前に登場しました。

しかし、ネット上からは、あまりにも小川アナの衣装がパツパツだっただけに、

「小川彩佳の衣装が気になって何も入ってこない」

「小川アナ、大きすぎないですか?」

「衣装パツパツすぎて、さすがにこれは熱盛」

「いや、デカッ!」

などの意見が寄せられ、視聴者も釘付けの様子でした。

この夏に出産予定だという小川アナ。

少しずつですが母親へと近づいているだけに、この衣装の張り具合は、致し方ない事なのかもしれません。

 

小川彩佳、リモート出演も…下半身はパジャマ姿?

4月1日よりリモート出演をしているという小川彩佳アナ。

14日の放送でもリモート出演でしたが、終始、上半身しか映っておりませんでした。

世間でも、リモートワークを推奨し、できるだけ会社に出社しなような働きかけがされております。

TVメディアでも同様で、多くの報道機関が専門医にリモート出演してもらって意見を仰いだり、バラティ番組でも出演者がリモート出演するなどの対応に追われています。

そんな中、13日に放送された「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系列)。

この日も、朝の情報番組として、新型コロナウイルスに関連する情報を伝えておりました。

同番組に出演するテレビ朝日の報道局員で、コメンテーターの玉川徹さんも、テレワークで出演。

上半身はジャケットにワイシャツ、ネクタイとスーツ姿であったものの、MCの羽鳥慎一さんに「立ってください」と言われると、下半身がパジャマ姿であることがあらわに。

出演者は困惑した表情でしたが、玉川さんは「(服装よりも)家にいることが大切」との見解を示しておりました。

今や、リモートワークが推奨され、人との接触の8割の削減が求められる時代。

もしかすれば、上半身しか映っていない小川彩佳アナも、下半身はパジャマ姿なのかもしれません。

(文:服部慎一)