宮川大輔、1年4ヶ月ぶりの『お祭り男』復活を優勝で飾る!時速72kmを出せた理由とは?

スポンサーリンク
お笑い芸人

8日に放送された「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系列)。

ヤラセ問題で放送が休止されていた企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が再開。

同企画のレギュラーであるお笑い芸人・宮川大輔さんが、放送再開を見事優勝で飾りました。

しかも、大会新記録を叩き出しましたが、なぜ宮川さんは、新記録を出すことができたのでしょうか。

スポンサーリンク

宮川大輔が快挙!「お祭り男」復活を優勝で飾る!

8日に放送された「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系列)。

この日の放送は、一昨年に企画をねつ造した「ヤラセ」が発覚して、放送が休止されていた「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が再開されました。

1年4ヶ月ぶりの放送、さらには各方面から応援もあれば、批判もあったということで、同企画のレギュラーメンバーであるお笑い芸人・宮川大輔さんは、放送中に何度も声を詰まらせていました。

放送再開一発目に参加した祭りは、アメリカで行われている「フルーツケーキ祭り」。

現地では、クリスマスになると親戚あるいはご近所に、フルーツケーキを贈り合う風習があるそう。

ただ毎年、送り合う量が多すぎてフルーツケーキを廃棄せざるを得なくなっていることから、フルーツケーキをどうにか有効活用できないか、という考えから24年前に「フルーツケーキ祭り」は始まりました。

祭りはフルーツケーキを遠投する、バランスよく運ぶ、的に通す、速く投げるといった4つの部門に分かれており、その4つの部門全てに参加した宮川さん。

50歳目前ということで肩の調子が悪いため遠投は飛ばず、バランス良く運ぶ部門も、的に通す部門も敗退してしまいます。

しかし、ここで奇跡が。

どれだけ速く投げられるか、という速さ部門で宮川さんは、「時速72km」と、大会新記録を叩き出したのです。

そして、そのまま速さの部門で優勝を飾りました。

これには、お祭り男の復活を待ちわびていた視聴者からも、

「すご!!」

「おめでとう!この時を待ってた!」

と、放送再開と優勝を祝福する声であふれ返っていました。

 

スポンサーリンク

宮川大輔、なぜ時速72kmも出せた?秘訣は高校から続けているゴルフ?

ではなぜ、宮川大輔さんは時速72kmもスピードを出すことができたのでしょうか。

宮川さんの直前に投げた参加者は、時速35km程度だったことからも、宮川さんの記録がどれだけすごいのか、見てとれます。

特に野球経験もない宮川さんが、時速72kmも出せたのは、その腰の使い方にあると思われます。

投げる際、手や腕の力だけでなく、腰を入れることによって力が増し、速く投げることが可能となりますが、宮川さんは腰を入れて投げていました。

元々、運動神経が良いことでも有名な宮川さんですが、高校時代はゴルフ部に所属していました。

ゴルフも腰を入れてボールを打つことから、宮川さんは「腰を入れる」という動作を、自然に取り入れていた可能性があります。

最近も、スポーツ番組でプロのゴルフ選手から技術を学んでいた宮川さん。

その結果が、宮川さんを優勝に導いたのでしょう。

この先も、良い成績を収められることを願っています。

(文:有馬翔平)

コメント